検索
女性ファッション誌「SPRiNG」2020年2月号の表紙 (C)『SPRiNG』2月号(宝島社)
1 / 2

女性ファッション誌「SPRiNG」2020年2月号の表紙 (C)『SPRiNG』2月号(宝島社)

2020年のファッショントレンド:「今年はとにかく軽やかさ!」 カラフルアイテムやシアー素材に注目 前編

 新しい年を迎え、今年のファッショントレンドが気になる時期。30歳前後のファッション感度の高い女性をターゲットにしたファッション誌「SPRiNG(スプリング)」(宝島社)の丸山摩紗(まさ)編集長は「今年はとにかく軽やかさが大事! パステルブルー、くすみピンク、ライラックのアイテムをぜひ一つ」と提案する。丸山編集長に今年の注目のアラサー、アラフォー向けファッションを聞いた。前後編で取り上げる。

 ◇ストリートから美人見えへ 色や素材で軽やかに

 丸山編集長は、昨年のファッショントレンドを「2019年頭まで台頭していたストリートのムードは収束し、後半からだんだんとクラシック、フェミニン、モダンなものに注目が集まりました。例えば品格ある映画女優のようなボウタイブラウス、パンツ派の人でもはきたいような甘さを控えたスカート、カジュアルに着られるジャケットが復活し、着るだけで“美人見え”するアイテムが注目されました」と振り返る。

 今年は「オリンピックの自国開催もあり、春夏アイテムはどこもカラフルでハッピーなムード。また軽やかな足取りを反映したかのように、光が透けて揺れるシアー素材が多く見られます」と傾向を語り、中でも色は軽やかさを重視し「パステルブルー、くすみピンク、ライラックのアイテムをぜひ一つ」と提案した。

 ◇シアートップスならオーバーサイズのシャツ くすみ系のパステルカラーで大人に

 シアーなアイテムの中でも、丸山編集長が今年薦めるトップスはシャツ。「シアーなシャツは、少しオーバーサイズであれば完璧。なんの変哲もないTシャツ、デニムに羽織るだけで、即座に今年顔に。薄手のニットの下に着て、襟だけのぞかせてもすてき」と着こなしテクを伝授する。

 またカラフルなアイテムやシアー素材に苦手意識のある人や、落ち着きを求める人には「例えば秋冬からトレンドのジャケット×パンツのセットアップもくすんだパステルカラーを選んでみる、露出度が気になるシアーなアイテムは、コンサバ感のあるシャツ型を選んでみる、またはカジュアル度のあるTシャツに重ねてみるなどの着こなしが、大人の女性にはちょうどいいと思います」と勧めている。

<プロフィル>

 まるやま・まさ。女性ファッション誌、メンズ誌、ネイル誌などの編集を経験し、2014年に宝島社へ入社。女性ファッション誌「otona MUSE(オトナミューズ)」編集部を経て、「SPRiNG」編集部へ。2019年より、現職。

 *SPRiNG……1996年に創刊。コンセプトは「なりたいのは、ハンサムな女の子」。シンプルだけどシルエットにデザイン性があるなど「洒落(しゃれ)感」を取り入れたファッションを好み、周りから「センスがいいね」と言われるハイセンスな女子をターゲットにしている。2019年11月22日に宝島社が刊行する雑誌で初めてYouTubeチャンネルを開設した。

写真を見る全 2 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る