検索
映画「ロマンスドール」の公開初日舞台あいさつに登場した高橋一生さん(左)と蒼井優さん
1 / 13

高橋一生:蒼井優との新婚“疑似体験” 「とっても幸せ」

 俳優の高橋一生さんが1月24日、東京都内で行われた映画「ロマンスドール」(タナダユキ監督)の公開初日舞台あいさつに、女優の蒼井優さんらと登場した。蒼井さんとの印象に残っているシーンを聞かれた高橋さんは、「結婚式が終わって『よろしくお願いします』というシーンがあったのですが役者冥利に尽きると言いますか。疑似体験できて、とっても幸せな気分になった」と満足げな笑顔で回答。蒼井さんも「そうですね。ああいうシーンって温かい気持ちになるのでありがたい。私も楽しかった」とうなずいていた。

 また、作品にちなみ、「10年前の自分に今だから言えることは」という質問に対し、「『まだ自転車乗っている』って言います」と高橋さんは回答。「バイクに乗ったり車に乗ったり、大人の男性になっていると言いたかったけど、自転車が大好き」と理由を説明し、「この間も青山通りをずっと(自転車に乗って)走っていた。全然見つからなかった(ばれなかった)ですね」と話した。

 そんな高橋の印象を蒼井さんは、「赤ちゃんみたいなときと仙人みたいなときのギャップがすごい」と表現。「本当の一生さんってどれだろうか、つかめない方。さっきスタッフさんが用意してくれたポップコーンをすごい勢いで食べていて、友達の赤ちゃんがこんな感じだなって(笑い)」と明かし、観客の笑いを誘っていた。

 映画は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)で連載されたタナダ監督の小説が原作で、ラブドール職人の北村哲雄(高橋さん)と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻、園子(蒼井さん)との日々を描いたラブストーリー。脚本もタナダ監督が担当している。

 美人で気立てのいい園子に一目ぼれして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていることだった。哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思った時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明け……というストーリー。舞台あいさつには、渡辺えりさん、きたろうさん、タナダ監督も出席した。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る