検索
フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」に出演する「Kis-My-Ft2」(C)フジテレビ
1 / 1

フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」に出演する「Kis-My-Ft2」(C)フジテレビ

Kis-My-Ft2:二階堂高嗣が見せた涙の訳は… 24時間ラジオ生放送に密着

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」(キスマイ)に約7カ月にわたって密着した、フジテレビの「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」が、2月28日深夜0時55分から放送される。キスマイに密着した第3弾で、グループでパーソナリティーを務めた「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」の現場や、メンバーの横尾渉さん、宮田俊哉さん、二階堂高嗣さん、千賀健永さんが初主演を務める舞台「○○な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」の初日に迫る。

 昨年のクリスマスに放送されたラジオ番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」では、メンバー全員でパーソナリティーを担当。同番組は、目に障がいのある人が暮らしやすい社会を作るため、音の出る信号機を設置することなどを目的に募金を呼び掛ける24時間の生放送番組で、「Kis-My-Ft2」は2年連続でパーソナリティーを務めた。

 生放送スタートから23時間が過ぎたころ、目に障がいのある子どもたちが歌を披露するためにスタジオに登場。メンバーの千賀さんが伴奏を担当し、子どもたちは「あわてんぼうのサンタクロース」を合唱した。曲の途中、目を潤ませていた二階堂さんは、番組を締めくくるコメントでこらえきれず涙。生放送終了後、「目が見える人たちからしたら理解が難しいのかなと思っていた。でもラジオ・チャリティ・ミュージックソンをやらせていただいて、理解しようよ、何でしようと思わないのかなといろいろ考えるようになって。何年ぶりだろう、あんなに泣いたの」と、ラジオを通して感じた思いを明かす。

 舞台「○○な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~」では、横尾さんと千賀さん、宮田さんと二階堂さんに分かれ、それぞれのペアが同じ設定の兄弟を演じる。盲目の兄を演じる宮田さんは、稽古(けいこ)で目が見えないことをリアルに表現できず苦戦していたが、本番では相手を一切見ないという演技で役を作り上げた。初日を終えた宮田さんは「音だけで芝居するのは不安だった。でも二階堂の声はずっと聞いているから、頼りになりますよね。音だけを頼りに芝居すると、やっぱり二階堂の声はいいなと思いました」と、長い年月で培われたメンバーに対する安心感を語った。

 また、番組では、昨年行われたグループ初の台湾公演に向け、中国語レッスンを受ける7人の様子にも密着。北山宏光さんは「海外で仕事する仲間が増えてきて、時代も変わってきて、やっぱり視野として持っていないと。ワクワクするじゃないですか。どうなるんだろう、どこまでいけるんだろう」と将来の夢を語る。

 番組は風間俊介さんがナレーションを担当し、山下達郎さんの「RIDE ON TIME(2018 NEW VOCAL VERSION)」がメインテーマ。関東ローカルで毎週金曜深夜0時55分から放送中。

写真を見る全 1 枚

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る