検索
「Kis-My-Ft2」の玉森裕太さんが登場する「Hanako」5月号の表紙カット(C)マガジンハウス
1 / 1

「Kis-My-Ft2」の玉森裕太さんが登場する「Hanako」5月号の表紙カット(C)マガジンハウス

キスマイ玉森裕太:銀座で見せる“昼”と“夜”の顔… 「Hanako」表紙に初登場

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」(キスマイ)の玉森裕太さんが、3月28日発売の女性誌「Hanako」(マガジンハウス)5月号の表紙に登場する。玉森さんが同誌の表紙を飾るのは初めて。レストランで一緒に食事をしているかのようなビジュアルとなっており、スーツ姿の玉森さんが柔らかい笑みを浮かべながらこちらに視線を向けている。

 玉森さんは、巻頭グラビアにも登場。「銀座で待ち合わせ」をテーマに撮影され、「レストランでの爽やかな昼の顔」と「バーでのぐっと大人な夜の顔」を披露している。玉森さんは「今日の撮影、銀座でロケとだけ聞いていたので『歩行者天国を歩くのかな?』なんて実はちょっとだけ緊張していたんです。来てみたらすてきなレストランとバーで、さらに緊張しました」と撮影の感想を語っている。

 インタビューでは、同号の特集である、銀座を中心に日比谷、有楽町、丸の内、日本橋も含む“大銀座”エリアについてトーク。玉森さんにとっては“始まった場所”だといい、「もう15年くらい前になるけど、初めて舞台に立ったのが帝国劇場。そして帝国劇場=ジャニーさん」と話しながら、「舞台の合間によくご飯に連れて行ってくださって、食べに行くのはジャニーさんが好きなそばやうなぎ」だったと振り返っている。

 また、仕事については「かなえたいことがたくさんある」と語り、「メジャーデビューしてからの10年間、グループとして、個人としての目標を毎年書き出して、そのメモを財布に入れています」と明かしている。

 同号では、年に2回実施している“大銀座”特集を掲載。今回は「100人の大銀座」と題し、銀座を中心に広がる日比谷、有楽町、丸の内、日本橋、東京駅イーストエリアについて、“大銀座”をこよなく愛する100人が紹介する。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る