検索
映画「甘いお酒でうがい」で主演した松雪泰子さん
1 / 17

映画「甘いお酒でうがい」で主演した松雪泰子さん

彼女がキレイな理由:松雪泰子さん 美しさは「生き方にも直結」 フレッシュでいられる秘訣は「断捨離」

 女優の松雪泰子さんの主演映画「甘いお酒でうがい」(大九明子監督)が近日公開される。今作で松雪さんは、「二回り以上年下の岡本くん(清水尋也さん)に思いを寄せる40代独身の派遣社員」の川嶋佳子を演じている。自身の恋愛傾向は「じっくり型」だという松雪さんに、仕事を離れたときのリフレッシュ法や日ごろ取り組んでいる美容法、いつまでも輝き続ける秘訣(ひけつ)を聞いた。

 ◇現在、恋人募集中

 実生活では大学生の息子がいる松雪さん。子育ても一段落したタイミングで「そろそろ新たな恋の予感は?」と聞くと、「えっ? 私ですか?」と一瞬、驚きつつ、「あったらいいですよね。あったら最高だなと思います。『募集中です!』って書いておいてください! よろしくお願いします(笑い)」とちゃめっ気たっぷりにアピールする。

 「交際相手とは、どんな関係性が理想?」と聞くと、「共鳴しあえるパートナーシップの方が楽しいと思う」といい、「お互いを知るためには、じっくり時間をかけた方がいいかもしれませんね」と自身の恋愛傾向を分析していた。

 ◇オフの過ごし方

 映画の中にも“佳子さん”が黒木華さん演じる会社の同僚の“若林ちゃん”と“岡本くん”と一緒にドライブに出かけるシーンが登場する。「ジャズを聴きながら車を運転するのが好き」という松雪さんに、ドライブで行きたいところを聞くと、「山梨にある滞在型のマインドフルネスの施設にはずっと行きたいと思っていて……」と話し始め、「食事もオーガニックで、瞑想したり、山をトレッキングしたりもできるみたいなんですよね」と説明する。

 「あとはグランピング!  たき火がしたいです!」とアクティブな面ものぞかせる。

 ◇美容法はピラティス&エゴスキューメソッド

 デビュー当時から変わらずスレンダーなボディーをキープしている松雪さん。「ピラティスはずっと続けているんですが、いまはピート・エゴスキューさんが開発した『エゴスキューメソッド』にトライしている最中なんです」と話す。

 「エゴスキューメソッド」とは個人のデータに合わせてはじき出された運動メニューにおよそ1カ月間かけて取り組むことで、体全体のバランスを改善しつつ、ゆがみを直していくというメソッド。「アメリカでは結構長い実績があるんですけど、日本に入ってきたのはおそらく10数年前くらいで。自分の体を知ることができてとても面白いんですよ!」と教えてくれた。

 ◇女性が輝き続ける秘訣は?

 「昔は完璧主義なところもあって、ちょっと頑張りすぎていたところもある」としながらも、「今はすごく自由ですね」とすがすがしい笑顔を見せる。いつまでもフレッシュでいられる秘訣を尋ねると、すかさず「断捨離ですね」という言葉が返ってきた。

 「私の場合、いらないものを全部捨てると、間違いなくもっと新しいものが入ってきます(笑い)。握りしめていたらそこで流れが止まってしまうけれど、放すことでそれまでとは全然違う展開が生まれるところが面白いなあと思っていて。美しさは内側からあふれ出てくるもので、生き方にも直結している気がするんです。だからこそ、いつもエネルギーは循環していた方がいいですよね。真の美しさって、きっとそういうものだと思うから」と凜(りん)とした表情で語った。

 <プロフィル>

 まつゆき・やすこ。1972年11月28日生まれ、佐賀県出身。1991年女優デビュー以降、数々のドラマ、映画、CM、舞台など幅広く活動。近作は、舞台「ハムレット」、テレビドラマ「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」(2019年)など。2020年3月、“松雪泰子プロデュース企画”を始動。さまざまなコンテンツを楽しめるアートプロジェクトであるウェブサイト「mondoart project official web site」の立ち上げと共に、アーティスト活動を再開している。

(取材・文/渡邊玲子)

写真を見る全 17 枚
Twitterでシェア

彼女がキレイな理由 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る