検索
1 / 13

彼女がキレイな理由:長澤まさみさん 自堕落で奔放な母親役 女性だからこそ「人ごとに感じられなかった」

Twitterでシェア

 女優の長澤まさみさんの主演映画「MOTHER マザー」(大森立嗣監督)が7月3日に公開される。実話を基にした作品で、長澤さんは社会の闇へと落ちていく自堕落で奔放なシングルマザーという、これまでに演じたことのない役柄に挑戦している。大森監督に「チャレンジングな役だったと思う。(能力を)全開にしてもらわないと絶対に無理だった」といわれる役どころを長澤さんがどうとらえ、どう表現したのか聞いた。

 ◇秋子を作った家庭の背景に社会問題「考えさせられた」

 長澤さん演じる秋子は、ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活を送り、秋子の歪んだ愛に翻弄(ほんろう)されながら育った息子・周平と共に、身内から絶縁され、次第に社会から孤立していく。その中で2人の間には“絆”が生まれ、成長した周平は殺人事件を起こす。周平が罪を犯してまで守りたかったものとは……というストーリー。

 長澤さんは「私自身も女性として、いつかは子供を持つ立場になるかもしれないので、どこか人ごとには感じなかったという部分もある。秋子のことはとうてい理解できないし、この先も理解できないと思うんですが、同じ女性としてこの役はすごく気にかかったんです」という。

 「家庭環境でこういう人(秋子)が生まれてしまったと思うんです。そこは映画には描かれていないけれど、きっと“普通の環境”ではなかったんじゃないかな。家庭の問題はそれぞれの(固有の)ものだけれど、そういう女性が出来上がる家庭があったというのが一つの社会問題。そこは本人の責任だけとは言い難いですよね。そういうところに自分自身も考えさせられました」と語る。

 ◇自身とかけ離れた役どころ「子供たちのピュアさに助けられた」

 秋子を演じる上で、息子・周平役の新人俳優、奥平大兼さんや周平の幼少期を演じた子役の郡司翔君らのピュアな演技にも助けられた。

 秋子が周平に金の工面をさせるなど、虐待する様子が描かれているが、「秋子がひどいことをしている感覚でいたのかといったら、それは違う気もするのですが。秋子の発する言葉に自分が引け目を感じたら何も成立しないし、このお芝居をダメにすると思ったので、なるべく何も考えずに、言葉がちゃんと伝えられるといいなと思っていました。そんなときに、対面している人に助けられることが多くて。それが今回は子供たちだった」と明かす。

 「子供たちは本当にピュアで、言われたことをきっちりやるから、私自身も、もう逃げられないような気持ちになりました。そういうピュアさに対して、自分も向かっていくしかない。子供たちに引っ張っていってもらいました」と撮影現場の様子を振り返った。

 ◇「大人に見てほしい」 知るきっかけ、変えられるかもという思いも

 長澤さんは「大人の方に見てもらいたい作品です。皆さんにもこういうことが実際に起こるのかもしれないと知るきっかけになってもらえたらと思うし、もしかしたら自分のたった一言でこの人たちの生活を変えられたかもしれないとも思うので、(深刻な題材だからといって)食わず嫌いせずに見てもらえたらなと思います」とメッセージを送った。

 次回は、長澤さんのファッションのこだわりなどについて聞く。

 <プロフィル>

 ながさわ・まさみ 1987年6月3日生まれ、静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ受賞。2003年、映画「ロボコン」で初主演。近年の主な映画出演作は「マスカレード・ホテル」「キングダム」「コンフィデンスマンJP ロマンス編」(全て2019年)などがある。公開待機作は「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(7月23日公開予定)、「シン・ウルトラマン」(2021年公開予定)。

彼女がキレイな理由 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る