検索
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で主演を務める石原さとみさん
1 / 4

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で主演を務める石原さとみさん

石原さとみ:「お団子ヘアのベテランになりました」 薬剤師演じる主演連ドラ、今夜スタート

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)の放送が、7月16日スタートする。“お団子ヘア”がトレードマークの薬剤師・葵みどりを演じる石原さんに、ドラマの見どころや、新型コロナウイルスの影響で同作の撮影が中断された期間の生活などについて聞いた。

 ◇お団子ヘアの角度にもこだわり「正面から見えるように」

 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。病院内にある薬剤部で、主に患者の薬の調剤、製剤を行う病院薬剤師にスポットを当てた。「アンサング」は「褒められない」という意味で、縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)として患者のために奮闘する病院薬剤師たちのヒューマンドラマだ。

 石原さんが演じるみどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持ち、患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っているというキャラクター。石原さんは、そんなみどりについて「正義感が強いです。患者とその家族のことまで第一に考えている薬剤師だと思います」と分析する。

 トレードマークのお団子ヘアにもこだわりがある。原作のみどりのイメージに近づけるため「正面から撮ってもらったときに、お団子ヘアがどの角度なら見えるのかなど、試行錯誤して調整をしました」「一方でマンガが原作とはいえ、リアリティーも求めたい。髪形として(地毛で)ちゃんと作っています」と自信をのぞかせ、「(お団子ヘアの)ベテランになりました」と笑顔を見せた。

 ◇ステイホーム中もみどりを演じるため体形キープ

 撮影は、新型コロナウイルスの影響で約2カ月中断された。石原さんは、いつ撮影が再開されてもみどりを演じられるようにと「体形が変わらないように、自宅で必死にトレーニングをしていました。血流が悪くならないようにも、気をつけていました」と明かした。

 撮影が再開された当時を「すごくうれしかったです。みんなとも会うことができて」と振り返り、再開後は「キャスト同士がすごく仲良くなりました。同じ状況を乗り越えようとする仲間に対する信頼感なのか、安心感なのか。お芝居をしていても、すごくナチュラルです」という。

 石原さんは、今回、薬剤師たちが着用するユニホームのデザインにも関わった。「メンバーが着てくれているのを見て、似合うなって思いました。すごくうれしかったです」「すごくフィット感があります」と満足げだ。「(それぞれのキャラクターが)ユニホームの下のインナーで個性を出しているので、そこも見てほしいと思います」とひそかな見どころも語った。

 ドラマは7月16日から毎週木曜午後10時に放送。初回は、みどりが、薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭さん)と救急センターで、蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬をサポートしているところへ、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキさん)が新人の相原くるみ(西野七瀬さん)を連れて来る……という展開。初回と第2話は15分拡大版で放送される。

写真を見る全 4枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事