検索
東海テレビで会見した桜庭ななみさん
1 / 3

東海テレビで会見した桜庭ななみさん

桜庭ななみ:鶏のから揚げ作って「丸焦げに…」 ステイホームで料理に挑戦 断捨離も

 女優の桜庭ななみさんが7月31日、東海テレビ(名古屋市東区)で8月1日スタートの主演連続ドラマ「13(サーティーン)」(同局・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の会見を行った。新型コロナウイルスの影響によるステイホーム期間について聞かれると「料理が得意ではないのですが、料理にチャレンジしました」と明かした。

 中でもうまく作れたものを聞かれると、鶏のから揚げを挙げ、「うまく作れました」とにっこり。「一人で食べました」と人に振る舞う機会はなかったといい、「2回作って、1回目は失敗したんです。丸焦げになっちゃって……。でも2回目は失敗を生かしてうまくできて、おいしく食べました」と照れ笑いを見せた。

 また「部屋の大掃除をしました。思い出をとっておくタイプだったんですけど、今回思い切って、気持ちを新たにと思い、いろんなものとサヨナラしました」と断捨離も実践。中高生時代の制服や、2009年に放送された主演連続ドラマ「ふたつのスピカ」のオーディションの資料などを整理し、「いろんな思い出がたまっていた。一度、真っ白にして、また新しい思い出を作ろうと思って」と心境を語った。

 ドラマは、英BBCで放送され、大ヒットした「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」が原作。13歳の時に行方不明になった少女・相川百合亜(桜庭さん)が、13年後に突如家族の元に帰ってきたことから始まるサスペンス作。13年前、百合亜を誘拐した犯人をお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんが演じ、女優の板谷由夏さんが百合亜の母親・相川麻美を演じる。全4回。

 桜庭さんは今作について「今までに学んだたくさんのことを整理して、自分の思いを全部ぶつけた作品。一歩階段を上がることができていたら」と力を込め、「せりふではなく表情で表現することが新たな挑戦でした。今までは活発な役や明るい役が多かったんですが、今回はミステリアスで謎を秘めたような役。難しかったし、やりがいがありました」と撮影を振り返った。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る