検索
1 / 13

吉高由里子:個性派モノトーンドレスで美スタイル フレンチ袖からすらり腕出し

Twitterでシェア

 女優の吉高由里子さんが9月15日、東京都内で行われた俳優の横浜流星さんとのダブル主演映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督、10月23日公開)のリモート完成報告イベントに登場。美しいウエストラインが際立つモノトーンのドレスを身にまとい、フレンチスリーブからすらりとした腕を見せていた。

 ドレスは、前身頃が黒い生地に切り替えられた個性的なデザイン。ブラウン系のネイル、華奢(きゃしゃ)なアクセサリーを着けた、大人の装いだった。

 本作は、チャールズ・チャップリンの「街の灯」にインスパイアされて製作された韓国映画「ただ君だけ」をリメークした純愛ラブストーリー。目は不自由だが明るく愛くるしい柏木明香里(吉高さん)と、罪を犯してキックボクサーとしての未来を絶たれた篠崎塁(横浜さん)は引かれ合い、ささやかながらもかけがえのない幸せを手にしたかに見えた。明香里はある日、自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失ったと塁に明かす。明香里の告白を聞いた塁は、自分だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気づいてしまい……という物語。イベントには、横浜さん、三木監督も登場した。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る