検索
2021年1月期放送の連続ドラマ「俺の家の話」で主演を務める人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん
1 / 1

2021年1月期放送の連続ドラマ「俺の家の話」で主演を務める人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん

長瀬智也:「気持ちはIWGPの頃と変わらない」 宮藤官九郎とTBS11年ぶりタッグで“王道ホームドラマ”

 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さんが主演する連続ドラマ「俺の家の話」(TBS系、金曜午後10時)が2021年1月期に放送される。「池袋ウエストゲートパーク」(2000年4月期)などを手がけた宮藤官九郎さんの脚本で、同局の連続ドラマでは、11年ぶりにタッグを組む。介護と遺産相続を巡る“王道ホームドラマ”で、長瀬さんはプロレスラーの観山寿一(みやま・じゅいち)を演じる。

 長瀬さんと宮藤さんは、「タイガー&ドラゴン」(2005年4月期)、「うぬぼれ刑事」(2010年7月期)でもタッグを組んでおり、これらの作品を手がけた磯山晶さんが今作でもプロデューサーを務める。長瀬さんは「磯山プロデューサーと宮藤さんと11年ぶりにタッグが組めて幸せに思います。演じる気持ちは『IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』の頃と何も変わりません。42歳の思い出にさせていただきます」と意気込んでいる。

 ドラマは、「ブリザード寿」というリングネームで活躍する現役レスラーの観山寿一が、二十七世観山流宗家にして重要無形文化財「能楽」保持者の父・寿三郎の介護を手伝うことになり、家族と謎のヘルパー女性を巻き込んだ、介護と遺産相続を巡る激しいバトルが始まる……というストーリー。

 宮藤さんは「僕にとっては長瀬くん自体が、連載少年マンガの主人公のような存在です。まだまだ、いくらでも描ける、描きたいと思わせてくれるし、どんな無理な設定でも絶対面白くしてくれる。『長瀬くんと次やるなら、プロレスラーが親の介護をするホームドラマがいいです』、こんな提案を受け入れてくれるプロデューサーは磯山さんだけだし、なんの疑問も持たずに肉体作りに励んでくれるのは長瀬くんしかいません」とコメント。

 また、プロデューサーの磯山さんは「このドラマは、長瀬くんと長期にわたって相談してきた企画で、彼の思いもたくさん詰まっています。宮藤くんとは、とにかく『現時点での長瀬智也の最高傑作を作ろう』とずっと話し合って来ました」と明かしている。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る