検索
映画「望み」の初日舞台あいさつに岡田健史さん
1 / 11

映画「望み」の初日舞台あいさつに岡田健史さん

岡田健史:「おふくろと親父を見ているような感覚に…」 石田ゆり子&堤真一と食事会

 俳優の岡田健史さんが10月9日、東京都内で行われた映画「望み」(堤幸彦監督)の初日舞台あいさつに、父親役の堤真一さん、母親役の石田ゆり子さんらと共に登場した。撮影前には家族らしさを作り上げるため、堤さんが食事会を開いたといい、岡田さんは「僕はおふくろと親父を見ているような感覚になった」と明かした。

 食事会は「家族を演じるのが『初めまして』の人ばかりだったので」と堤さんが開催。石田さんは「映画の話ではないことで盛り上がった。でもそれがよかった。なんでもない、ちょっと笑えるような話をしていた」と笑顔を見せると、堤さんは「普通のおっさんやと思わせた方がいい。だからくだらない話ばかりをしていた」と振り返った。

 岡田さんは「堤さんがずっとお話をされていて、それを僕と石田さんと監督が聞いているような形だった」と明かし、「その姿を見て、僕の親父になる人はこの人なんだと思った。その横で、石田さんが“いい奥さん”のようにうなずいていた」と回想。「石田さんは本当に裏表がなくて、このような感じでいつもいてくださる。僕はお袋と親父を見ているような感覚になった」と続けると、石田さんは思わず照れ笑いしていた。

 石田さんは「堤さんがいらっしゃるだけで、そこにみんな集まってくる空気がある。(撮影中も)みんなが楽屋に帰らずに、セットの片隅で一緒にいた」と堤さんの“父親力”に感謝していた。

 また、先日、日本テレビ系「スッキリ」に生出演した際に、コロナ禍(か)を「コロナ渦(うず)」と言ってしまい、ネット上で「可愛い」と評判になった岡田さんは、この日は「コロナ禍(か)!」としっかり発言。会場からも温かな笑いが上がっていた。

 映画は、「クローズド・ノート」「検察側の罪人」で知られる雫井脩介さんの同名サスペンス小説が原作。1級建築士の石川一登(堤さん)は、自らデザインした優雅な邸宅で、妻・貴代美(石田さん)と子供たちと幸せな毎日を送っていた。ある日、長男の規士(岡田さん)との連絡が途絶えた矢先、規士の同級生が殺される事件が起き、事件との関与を疑われる……という展開。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る