検索
カンテレ提供
1 / 3

小栗旬:キスシーンは「振り付けみたいな感じ」 明石家さんまとラブシーン談義 「やっぱり恥ずかしい」と本音も 

Twitterでシェア

 俳優の小栗旬さんが、10月16日に放送される、明石家さんまさんが司会を務めるスペシャル番組「さんまのまんま秋SP」(関西テレビ)に出演する。舞台で共演して以来、18年の付き合いになるという2人は、キスシーン談義などを繰り広げる。

 番組では、さんまさんが「キスシーンうまい」と小栗さんを褒めたことからラブシーンの話に。「ラブシーンは苦手」と言うさんまさんは、恥ずかしい失敗談を告白。一方、事前に監督や相手の女優と話し合いをするという小栗さんは「振り付けみたいな感じ」と持論を語る。

 また、さんまさんは舞台監督を務める小栗さんの父・小栗哲家(てつや)さんからオペラの依頼をされたエピソードを語り、当時、戸惑ったと振り返る。一方で小栗さんは、このオファーを事前に父から知らされていたことを明かす。さらに、小栗さんがかつて、さんまさんをはじめ、共演した舞台俳優たちとの約束を破っていたことも“発覚”する。

 収録を終えた小栗さんは、「8年ぶりということで、テレビの場では久しぶりにさんまさんにお会いしましたが、楽しかったです」と満足げ。さんまさんにキスシーンを称賛されたことについては「そんなことは、たぶんないんですけどね。さんまさんが、すごい苦手意識があるのでそういう風に見えたのかなって気がします」と話し、キスシーンに対する思いを聞かれると「やっぱり恥ずかしいですね」と照れ笑いで本音を語った。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る