検索
2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で主演を務める菅野美穂さん=日本テレビ提供
1 / 1

2021年1月スタートの連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で主演を務める菅野美穂さん=日本テレビ提供

菅野美穂:2児の母、子供の恋愛で悩むのは「未知の世界」 「ゆくゆくはドラマも見てもらえたら」

 女優の菅野美穂さんが、2021年1月にスタートする連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系、水曜午後10時)に主演する。シングルマザーと娘の恋模様を描く作品で、2015年、2018年に出産をし、2児の母親でもある菅野さんは「まだ(子供が)小さいので『子の恋愛で悩む』というのは未知の世界です。ただ、いろいろなことが少しずつ分かるようになってきているので、ゆくゆくはドラマも見てもらえたらうれしいですね」と心境を語っている。

 また子供がドラマを見ることを想像し「その時に恥ずかしくないよう、今、一生懸命務めたいと思っています」と意気込んでいる。

 ドラマは、少女のような天然母・水無瀬碧(みなせ・あおい、菅野さん)と、母を放っておけないしっかり者のオタクの娘の恋愛模様を描く。碧は、“恋愛小説の女王”と呼ばれたシングルマザーの恋愛小説家で、世間知らずな一面があるというキャラクター。娘は、恋をしてみたいと思っているが、マンガの新刊を追いかけたり、「コミックマーケット(コミケ)」に向けてのコスプレの準備に大忙し……という設定。

 大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)、「愛していると言ってくれ」(TBS系)を手がけた北川悦吏子さんのオリジナル脚本。菅野さんと北川さんがタッグを組むのは、今回が初めて。

 菅野さんは「北川悦吏子さんの作品は、セリフがリアルだったり、リアルからちょっと離れた夢の世界をいったりきたりするところがとても好きです。特に『ロングバケーション』の『足の中指って薬指っぽくない?』というセリフがすてきで印象に残っています」と回顧。「これまで北川さんの作品に出演する機会がなかったので『もうないのかな』と思っていたところ、今回ご一緒することができ、本当にうれしいです」とコメントしている。

 作品については「このドラマは、ホームドラマのような要素もある一方で、恋愛したいお母さんとオタクの娘という、ドラマとしては新しい親子像が描かれています。ホッとできる部分と新しい部分、そして北川さんの紡ぐ会話によって、軽やかで楽しいドラマになる予感がしています」と語っている。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る