検索
連続ドラマ「危険なビーナス」第8話の一場面=TBS提供
1 / 6

連続ドラマ「危険なビーナス」第8話の一場面=TBS提供

吉高由里子:個性派レイヤード、技あり落ち感アイテムも… 「危険なビーナス」第8話のファッションに注目

 女優の吉高由里子さんが出演する、俳優の妻夫木聡さん主演の連続ドラマ「危険なビーナス」(TBS系、日曜午後9時)。名家・矢神家の遺産を巡るラブサスペンスで、吉高さん演じる謎の美女・矢神楓の最旬ファッションも、SNSで「上品でシック」「毎回すてき」と注目されている。11月29日午後9時から放送される第8話のファッションを取り上げる。

 第8話で楓は、トレンチコートの上にショート丈の黒いレザー調ジャケットをレイヤードしたような個性派のコートを羽織ったスタイルを披露。インにもくすみカラーのシャツを合わせてコートと同系色でまとめ、黒×ブラウンの巾着タイプのショルダーバッグを肩掛け。光沢感と落ち感のあるシックなカラーで、首元から斜めに切り替えられた技ありデザインのアイテムを着こなすシーンもある。

 ドラマは、東野圭吾さんの同名小説(講談社)が原作。独身獣医の伯朗(妻夫木さん)が、異父弟・明人(染谷将太さん)の失踪事件をきっかけに、明人の「妻」を名乗る謎の美女・楓と共に、矢神家の遺産を巡る謎解きに挑む……というストーリー。

 第8話では、伯朗は矢神牧雄(池内万作さん)から、脳の研究をしていた矢神康治(栗原英雄さん)の研究記録を見つけてほしいと言われる。そこには、伯朗の実父・一清(Rー指定さん)の脳腫瘍に関する研究データがあり、画期的な発明につながるというのだ。一清が若くして亡くなったのは、母・禎子(斉藤由貴さん)を手に入れるために康治が一清の死を意図的に早めたのではないかという疑念を抱く伯朗に対して、楓は当時の康治を知るある人物に会いに行こうと誘う。

 勇磨(ディーン・フジオカさん)もその研究記録の価値に気づき、母・佐代(麻生祐未さん)に内緒で単独行動をしていた。そんな勇磨の様子に気づいた佐代は、ある日、伯朗に「勇磨と楓さんはつながっている」と忠告する…………という展開。

写真を見る全 6 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る