検索
木村拓哉さんが登場する女性誌「anan」2231号の表紙(C)マガジンハウス
1 / 1

木村拓哉:タキシード姿で圧巻のダンディズム 50周年大トリの「anan」表紙に登場

Twitterでシェア

 俳優の木村拓哉さんが12月25日発売の女性誌「anan(アンアン)」(マガジンハウス)2231号の表紙に登場し、同誌の50周年の大トリを飾る。表紙では、木村さんがモノクロの世界でフォーマルなタキシードを着こなし、圧巻のダンディズムを表現している。

 木村さんのビジュアルは「最前線の景色。」をテーマに撮り下ろされ、グラビアページではタキシード姿のほか、格調高いスーツスタイルも披露。木村さんがジャケットを脱いだり、袖のボタンを外したりと、美しくポージングを決めながら徐々にスーツを着崩していく過程も記録されている。

 また、アイコニックなサングラスに胸元が大胆に開いたニットを合わせたカジュアルスタイルなども披露。シルバーのメッシュというスタイリッシュな髪色と相まって、“一度見たら忘れられない”ビジュアルになっているという。また、誌面インタビューでは、エンタメ業界が例年にない苦境に陥った今年の状況を、木村さんがどのように感じていたのかを告白。常に現場主義で活躍してきたスターの胸の内に迫っているという。

 また、警察学校を舞台にしたスペシャルドラマ「教場」シリーズで、主人公の教官・風間公親(きみちか)を演じている木村さんが、2021年1月3、4日の午後9時から放送されるフジテレビの新春ドラマ「教場II」の撮影の舞台裏や、年下世代の俳優たちとのコミュニケーションについても明かしているほか、過去の「anan」にまつわる思い出話も語っている。

 同号の特集は、2021年をより良く迎えるためのヒントを探る「運命を拓く。」で、第11回を迎える「ananマンガ大賞」も発表。今年11月に行われた「ananAWARD」授賞式のリポートと、黒柳徹子さん、松任谷由実さん、林真理子さん、「SixTONES」「Snow Man」、白石麻衣さんらの受賞インタビューも掲載される。さらに、最終回を迎える人気連載「『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』の軌跡」では、メンバー全員による座談会や未掲載カットを特別に蔵出しする。

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る