検索
映画「AWAKE」の「お正月舞台あいさつ」に登場した吉沢亮さん
1 / 3

映画「AWAKE」の「お正月舞台あいさつ」に登場した吉沢亮さん

吉沢亮:紅白リモート審査員は「気を抜くと出演していること忘れる」 新年は「昼間からアニメとお酒」 

 俳優の吉沢亮さんが1月2日、東京都内で行われた、主演映画「AWAKE」(山田篤宏監督、公開中)の「お正月舞台あいさつ」に、山田監督とともに登場した。棋士VSコンピューターの対局「電脳戦」に着想を得た同作にちなんで、2人は棋士の勝負服・和装で登壇。吉沢さんは昨年末の紅白歌合戦のエピソードや年始の過ごし方、プライベートなどについて明かした。

 昨年大みそかに行われた「第71回NHK紅白歌合戦」でゲスト審査員を務めた吉沢さんは、その感想を聞かれると「大変でした! ただ座っているだけでも疲れるんだとビビりました」と大役に緊張した様子。例年とは違いリモート形式での参加となったため「リモートなので気を抜くと紅白に出ていることを忘れる。家で紅白を観ている感覚になってしまう」と明かし、笑いを誘った。

 今作でAI将棋にすべてを懸ける英一を演じた吉沢さんは、役作りのために寝る前にカップラーメンを食べるなどして体重を増やしたと言い、「撮影中は太ろうとして米や炭水化物ばかりを食べていました。とにかくパンパンにむくんでやろうと思った」と回想。現在は細身に戻ったようにも見えるが「今日もちょっと……。昨日は昼間からアニメを見てお酒を飲んでいました。解放されたので……」と寝正月だったことを明かした。

 また同作への思いについて、「これまでの出演作品の中でも特に好きな作品です。普段はあまり自分の出ている作品を見返すことはないけれど、これは見返しそう。何度も見たくなる作品」と自信をのぞかせた。

 映画は、2015年に行われた棋士VSコンピューターの対局「電脳戦」に着想を得て、山田監督が書き下ろした完全オリジナルの青春ストーリー。天才棋士・浅川陸(若葉竜也さん)に敗れて棋士になる夢をあきらめた清田英一(吉沢さん)が、さえない大学生活を送っていたある日、ふとしたきっかけでAI将棋のプログラミングに新たな夢を見いだし、浅川と再戦を果たす……という内容。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る