検索
映画「ファーストラヴ」の完成報告イベントに登場した北川景子さん
1 / 10

映画「ファーストラヴ」の完成報告イベントに登場した北川景子さん

北川景子:“同い年”中村倫也と初共演でも緊張せず「同級生という感じ」 “ツンケン”イメージには苦笑い

 女優の北川景子さんが1月12日、東京都内で行われた主演映画「ファーストラヴ」(堤幸彦監督、2月11日公開)の完成報告イベントに、共演の中村倫也さんらと登場。中村さんとは同い年で今作が初共演という北川さんは、中村さんの印象を聞かれると「同い年の役者さんと共演させていただくことって(あまり)なくて。同い年と知って、勝手にクランクイン前から『ちょっとフランクな感じでいっていいのかな』と思っていました」と明かし、「初めて会う方って緊張してしまうんですけど、今回はあまり緊張しないで。“同級生”という感じがすごくしました」と親近感を抱いていたことを明かしていた。

 一方、北川さんの印象を聞かれた中村さんは、「もっと“ツンケン”しているのかなと思ったんですよ。よく言われることだと、たぶん前にも言っていたと思うけど」とコメント。それを聞いた北川さんが「(ツンケン)してますよ」と冗談めかして語り、「よく言われます。本当に言われます」と苦笑いで答える一幕もあった。

 また、中村さんは北川さんについて「オープンなマインドを持っている方。すごいまじめですし、ストイックですし、求められることに対しての意識が高い。それが本当にすてきで、僕と真逆だなと思いましたね。僕はすぐさぼっちゃうけど……」と絶賛。「本当に爪の垢(あか)を煎じて飲みたいです。だから後で爪ください」とおどけて笑いを誘うなど、仲の良い姿も見せていた。

 イベントには芳根京子さん、窪塚洋介さん、堤監督も出席。撮影中、北川さんは同世代の中村さんと、窪塚さんの話もしていたといい、「『窪塚さん、カリスマ』という話をずっと2人でしていて……」と明かすと、窪塚さんが「直接言って、そういうとき。無視されているのかと思った」と苦笑いで答える場面も。北川さんは「本当に、私たち世代からしたら……。2人とも緊張しちゃって。ドキドキしていました」と当時の心境を明かしていた。

 映画は「第159回直木賞」を受賞した島本理生さんの同名小説(文藝春秋)が原作。聖山環菜(芳根さん)の起こした事件を取材する公認心理師の真壁由紀(北川さん)は、夫・真壁我聞(窪塚さん)の弟で弁護士の庵野迦葉(中村さん)とともに彼女の本当の動機を探っていく。二転三転する供述によって真実がゆがめられる中で、由紀は環菜にどこか過去の自分と似た「何か」を感じ始めていた。そして自分の過去を知る迦葉と、環菜の過去をきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずのある記憶と向き合うことになる……というストーリー。

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る