検索
1月25日放送の「徹子の部屋」に出演する(左から)中村勘九郎さんと息子の長三郎君、勘太郎君=テレビ朝日提供
1 / 3

1月25日放送の「徹子の部屋」に出演する(左から)中村勘九郎さんと息子の長三郎君、勘太郎君=テレビ朝日提供

中村勘九郎:息子たちから夫婦ゲンカの目撃情報「ゲームを止めず怒られている」 親子3人で「徹子の部屋」出演

 歌舞伎俳優の中村勘九郎さんが、1月25日に放送される、黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。勘九郎さんは2人の息子とともに出演し、家族のエピソードなどを明かす。

 2017年に長男が勘太郎を、次男が長三郎を襲名した際にもそろって同番組に出演した勘九郎さん親子。あれから4年が経ち息子たちも9歳と7歳に成長。昨年は舞台が次々と中止になり、3人で踊りのけいこに励んだと話す。無観客で生配信の舞台も経験し、拍手がなく寂しかったと振り返る。

 けいこのほかにも「おうち時間」を利用して男3人で掃除など家事のお手伝いをしたと言い、次男の長三郎君は味噌作りにも挑戦したと語る。一方で、息子たちからは両親のケンカについて思わぬ目撃情報も。「なかなかゲームを止めないのでお母さんに怒られている」と明かされ、父としてメンツ丸潰れの話も飛び出す。

 息子たちは「芝居ごっこ」で遊ぶほど歌舞伎が大好きだが、それぞれに「夢」もあると告白。長男・勘太郎君の夢は「歴史博士」で、黒柳さん相手に歴史クイズを出題する場面も。次男・長三郎君の夢は「絵描き」で、スタジオではその「絵」を紹介する。ほかにも2人が得意分野を披露し、スタジオは和やかな雰囲気に包まれる。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る