検索
「恋とオオカミには騙されない」に出演する川口葵さん
1 / 16

「恋とオオカミには騙されない」に出演する川口葵さん

川口葵:「ボンビーガール」“史上最大級の美女”が「オオカミくん」出演 「自分を変えて積極的な恋愛ができるように」

 「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)に出演し、「番組史上最大級の美女」と話題になった女優の川口葵さんが、「ABEMA(アベマ)」の恋愛リアリティーショー(恋リア)「オオカミくん」シリーズの最新作「恋とオオカミには騙(だま)されない」に出演することが1月24日、分かった。川口さんは「今までの恋愛では、話しかけられず終わることが多かったので、そんな自分を変えて積極的な恋愛ができるよう頑張りたいです」と意気込んでいる。番組は2月14日午後10時から配信。

 川口さんは自身の恋愛についても告白。好きな異性のタイプについては「話しかけるのが苦手なので、話しかけてくれる人。周りを見れて、一緒にいて落ち着く人」と明かしており、自身の恋愛について「自分から積極的になれたことがない。話しかけづらいと言われることが多いので、話しかけられるのはうれしい」と明かしている。

 また、川口さんのほかの出演メンバーの顔ぶれとコメントも公開された。女性メンバーは、モデル・YouTuberのなえなのさん、女性ファッション誌「Popteen(ポップティーン)」(角川春樹事務所)専属モデルの長谷川美月さん、次世代ガールズ・ユニオン「FAKY」のメンバーで、4カ国語を扱うマルチリンガルでもあるTakiさん、2020ミス・ティーン・ジャパンファイナリストで女優の吉田伶香(りょうか)さん、川口さんの5人。

 男性メンバーは「第30回ジュノンスーパーボーイコンテスト」でグランプリを受賞し、特撮ドラマ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)にも出演した俳優の綱啓永(つな・けいと)さん、Popteenメンズ専属モデルで、TikTok「一般男性ランキング国内1位」のフォロワー数を誇るりゅうとさん、元サッカーJリーグプロ育成選手の経歴を持つ俳優・モデルの樋口晃平さん、7人組ダンス&ボーカルグループ「原因は自分にある。」のメンバーで俳優の杢代(もくだい)和人さん、ドラマやバラエティー番組にも出演する俳優の井上想良(そら)さんの5人。

 なえなのさんは「友達と恋、両方ともいい思い出を作りたい。きっと幸せだなと思わせてくれる人がいると信じているので、自分も誰かに幸せだなと思ってもらえたらいいなと思っています」、長谷川さんは「ここに10人が集まれたことは、何かの運命でもあるし奇跡だと思うので、その中で自分なりのすてきな恋を探したいです」とコメント。Takiさんは「自分の人生で絶対に忘れられないくらい、一日一日を大事にしたいです」、吉田さんは「日常生活だと気持ちを伝えるのは告白の時くらいしかないけど、『恋とオオカミには騙されない』では恥ずかしがらず、思った時に真っすぐ相手に思いを伝えたいです」と話している。

 綱さんは「どんな結果でも、その恋はきっと僕の人生において大切なモノになると思っています。恋だけではなく、友情などいろいろな面ですてきな時間を作っていきたいです」、りゅうとさんは「真実の恋を探すために出会った10人。この出会いに感謝し、真っすぐな思いを伝えられる恋を全力で探しにいきます」、樋口さんは「『オオカミ』シリーズに出演できるのは恵まれたご縁だと思っているので、自分の人生の中で最高だったなと思える時間にしたいし、視聴者の皆さんにもそれが伝わったらいいなと思っています」とコメント。

 杢代さんは「いろいろな活動をさせていただいている中で『オオカミ』シリーズへの出演は挑戦になると思っています。10人で思い出を作り、自分らしく恋を楽しみたいです」、井上さんは「10人のさまざまな個性を、自分の中に色濃く鮮やかな思い出に残せたらいいなと思っています」とそれぞれ話している。

 「オオカミ」シリーズは、恋をしたい男女が、駆け引きを繰り返して恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。2017年2月の「オオカミくんには騙されない」から始まった。男性の中に、うそをつく「オオカミくん」が紛れ込んでおり、女性はオオカミくんにだまされず、真実の恋を手に入れようとする……という内容で人気を集めた。男女の立場を逆転し、女性の中に「オオカミちゃん」が混じっているという設定の作品も配信された。

 今作では、10人の中に「嘘つき“オオカミ”」が1人以上潜んでいる、という設定。MCとしてお笑いタレントの横澤夏子さん、女優の飯豊まりえさん、モデルでタレントの滝沢カレンさん、俳優の神尾楓珠さんが出演する。

写真を見る全 16 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る