検索
トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する仲野太賀さん=TBS提供
1 / 7

トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する仲野太賀さん=TBS提供

仲野太賀:「菅田将暉がギターを弾けるのは俺のおかげ」? 俳優の父との関係や幼少期も明らかに 「A-Studio+」で

 俳優の仲野太賀さんが、2月12日午後11時から放送されるトークバラエティー番組「A-Studio+(エー・スタジオ プラス)」(TBS系)にゲスト出演する。番組では仲野さんの親友である俳優・永嶋柊吾さんに取材を敢行。予告動画には仲野さんが「僕が柊吾にギター教えて、柊吾が菅田将暉にギターを教えたので、菅田がギターを弾けるのは俺のおかげです」と話し、笑わせる場面が映し出される。

 「A-Studio+」は、笑福亭鶴瓶さんと人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ヶ谷太輔さんがMCを務める番組。MCがゲストの家族や友人、知人などに取材を行い、取材で得た情報を基にゲストの素顔に迫る。

 仲野さんは、これまで4人のゲストの親友として同番組に協力し、写真で出演してきた。待望のスタジオゲストとしての出演を「やっと出られた!」と喜ぶ。今回は鶴瓶さんが、仲野さんと14、15歳の頃からの仲だという親友の俳優を取材。「この世代の俳優はみんな仲が良いな」と鶴瓶さんに言われるも、親友からは“大人に見せる顔と同世代に見せる顔が違う”など、仲野さんから受けたという数々の“被害”が報告される。思わぬ「ネガティブキャンペーン」に仲野さんが赤面する一幕もあるという。

 一方、藤ヶ谷さんは、仲野さんと保育園からの幼なじみだというプライベートの親友と、思い出の場所を極秘取材。小学1年にして髪を染めたくて2人で美容室へ行った過去などが明かされ、幼少期の秘蔵写真も公開される。

 また、仲野さんの父は、大ヒットドラマ「愛という名のもとに」の“チョロ”役で一世を風靡(ふうび)した俳優・中野英雄さん。親子の仲は良く、同じ俳優としての会話もあると親子関係を語る。一方で、英雄さんとは旧知の仲である鶴瓶さんが「『チョロの息子』と呼ばれるのは嫌だったか?」と尋ねると、自分自身“チョロ”が何なのか分かっていなかった、と父の代表作をまだ観ていないことを明かす。また、番組では英雄さんからのメッセージも公開。普段は面と向かって語られることのない、父の偽らざる思いが明かされる。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る