検索
1 / 5

広瀬すず:字を書くことでストレス発散 スキンケア、楽しむこと、脱・偏食でますます美しく インタビュー・中

Twitterでシェア

 女優の広瀬すずさんが主演する、WOWOWのドラマ「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」が2月27日から放送・配信される。広瀬さんが演じるのは、ラップの世界から俳句の世界に飛び込んでいく芸大生、桜木杏。バッサリとカットした髪にゆるいウエーブをかけ、キュートな魅力にいっそう磨きがかかった広瀬さんに、美容法や今年の目標、俳句とラップに挑戦したドラマ撮影の裏側などを聞いた。全3回。

 ◇楽しむことで「感性が磨かれ雰囲気も変わる」 薄メークのためスキンケアも重視

 広瀬さんといえば、美容雑誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)で、2019年の「最も美しい顔」に選出されるなど、その美しさは折り紙付き。そうした評価については、「ありがたいことですけど、特に意識はしていないです」と正直な気持ちを明かす。

 とはいえ、女優という仕事柄、注目される立場にあることは自覚している。そのため重視しているのは「スキンケア」。「私はもともと厚いメークが得意ではないので、ちょっとでも薄くできるようにするには、肌の手入れをきちんとすればいいんだと思うようになりました。表に出る仕事ですし、今は(カメラの精度が上がって今まで以上にクリアに)見えてしまいますし。すっぴんのときに自分の気分を上げるためにも、肌をきれいに保つことは、(美容で)唯一、意識していることかもしれないですね」と話す。最近はパックの回数を増やし、保湿に重点を置いているという。

 そんな広瀬さんの“美しさの秘訣(ひけつ)”は「なんでも楽しんでストレスをためないこと」。「なんでも楽しかったらいいなと思います。それによって感性が磨かれるし、醸し出される雰囲気も違ってくるでしょうし。楽しんでいたほうがメリットは多いと思うので、ストレスはためないようにしています」と語る。

 ストレス発散のためにするのは、運動と字を書くことだという。なかでも字を書くことは「人に手紙を書いたり、そのときのもやっとした感情や、今やりたいことを紙に書き出したりしています。その紙は捨てちゃいますけど、文字を書くことが、結構ストレス発散になります」と明かした。

 ◇自炊で「脱・偏食」が目標 「野菜を食べようと…」

 また今年の抱負は「きちんと食事の管理をしようと思っています」。これまでは、「麺類や揚げ物が大好き」で、「好きなものを好きなだけ食べる、偏った食生活」をしていたと振り返る。最近、血液検査をする機会があり、その結果から食生活を改善しようと思い立った。

 忙しさもあって今はまだ、「気が向いたときに作る」程度だとしつつ、「自炊の機会をちゃんと増やして、野菜を食べようと思っています」。好きな野菜はニラ。「ニラをいっぱい食べられるような料理を作りたいです」と笑顔を見せた。

 「あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」は、俳人・堀本裕樹さんの青春俳句小説「桜木杏、俳句はじめてみました」(幻冬舎文庫)を基にした青春グラフィティ。広瀬さん演じる芸大生リリックライターの桜木杏が、ひょんなことから、宮沢氷魚さん扮(ふん)する広告代理店勤務のコピーライター、連城昴が関わる俳句とラップをテーマにしたプロジェクトを手伝うことになり、それによって新しい自分を見つけていくというストーリー。前後編で2月27日、3月6日の午後9時にWOWOWプライムで放送。2月27日午後10時半からWOWOWオンデマンドで前後編を一挙配信。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る