検索
4月1日に放送される「徹子の部屋」に出演する石野真子さん=テレビ朝日提供
1 / 3

4月1日に放送される「徹子の部屋」に出演する石野真子さん=テレビ朝日提供

石野真子:還暦迎えてなお好奇心旺盛! 50代から独学で絵画、最近はビーズ刺しゅうをスタート 「徹子の部屋」で趣味を語る

 今年還暦を迎えた女優の石野真子さんが、4月1日に放送される、黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。石野さんは自身の趣味などを語る。

 アイドルデビューから43年。子供の頃からなんでもやってみる性格だったという石野さんは、60歳となった今も好奇心旺盛だという。10年ほど前からギターを始め、コンサートでも弾き語りを披露。50代からは絵を始め、独学ながら個展を催すほどの腕前になったと明かす。

 最近になって始めたのは、ビーズ刺しゅう。実は石野さんの実家は、兵庫・芦屋でビーズのハンドバッグを作る工房を経営しており、両親はデザインも担当していたという。幼い頃から、倉庫からデザイン画通りのビーズを集めてきたり、バッグの取っ手を取り付けたり、手伝いをしていたと明かす。当時は手伝いが嫌いだったが、年齢を重ねた今、振り返ると素晴らしい時間だったと語る。スタジオでは、50年以上前に両親がデザインしたという貴重なバッグも披露する。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る