検索
連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」に出演する(左から)磯村勇斗さん、中村倫也さん、夏帆さん(C)テレビ東京
1 / 1

連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」に出演する(左から)磯村勇斗さん、中村倫也さん、夏帆さん(C)テレビ東京

中村倫也:コーヒー店の店主役、現在と過去演じ「2役やってるような感覚」

 俳優の中村倫也さんが4月3日、5日にスタートする、テレビ東京の主演連続ドラマ「珈琲いかがでしょう」(月曜午後11時6分)の生配信イベントに出席した。中村さん演じる、移動コーヒー店の店主、青山一(はじめ)が、コーヒーとさりげない言葉で人々の心を癒やしていく物語。現代の物語に回想が加わる構成で、撮影は現代のシーンから行われた。中村さんは「楽しかったんですよね。一つの作品なのに、2役やってるような感覚もありました」と撮影を振り返った。

 同ドラマは、コナリミサトさんの同名マンガ(マッグガーデン)の実写化。青山は爽やかで飄々(ひょうひょう)として見えるが、その裏には秘密を抱えているという役どころ。原作ファンからは、青山のビジュアル、仕草、たたずまいが中村さんにしか見えないという声が多く、「中村倫也で実写化を」と“待望論”が巻き起こっていたという。中村さんが劇中で、金髪姿を披露することでも話題を呼んでいる。

 中村さんは、現代のシーンを撮影する際、青山の過去にあった出来事を想像しながら演じたといい、「その後、過去編を撮った時に、自分の役なのに点と点が繋がったみたいなことがいっぱいあった」と回想。「放送が始まって、(ドラマを)初めて見たときに、皆さんと同じタイミングで“答え合わせ”ができる」と楽しみにしている様子を見せた。

 また毎話、コーヒーをドリップするシーンが登場。劇中では、利き手の右手ではなく、左手でドリップしているといい、「クランクアップしてからも、家で(コーヒーを)淹れているんですけど、利き手でやろうかなと思ったら、下手になっていました。コーヒーは左でっていう、ちょっと通みたいな男になってしまいました」と明かしていた。

 イベントには、俳優の磯村勇斗さん、女優の夏帆さんも出席。3人はツイッターで募集した視聴者からの質問にも答えた。テレビ東京公式LINE、テレビ東京公式YouTubeで配信された。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る