検索
映画「いのちの停車場」の完成披露試写会に登場した石田ゆり子さん
1 / 15

映画「いのちの停車場」の完成披露試写会に登場した石田ゆり子さん

石田ゆり子:吉永小百合との自撮りに「幸せな時間でした」

 女優の石田ゆり子さんが4月14日、東京都内で行われた映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)の完成披露試写会に出席した。プロの女流囲碁棋士・中川朋子を演じた石田さんは、主人公で医師役の吉永小百合さんと“自撮り”するシーンを明かし、「すごくうれしかったです。ずっと10代の頃から憧れてきて、こういう日が私の人生に来るんだという(笑い)。とても幸せな時間でした」と語った。

 映画は、現役医師で作家の南杏子さんによる同名小説が原作。都内の救命救急センターに勤めていた医師の白石咲和子(吉永さん)は、ある事件をきっかけに、在宅医として故郷・金沢の「まほろば診療所」で働き始める。これまでの命を救う現場との違いに戸惑いつつも、患者たちの願いや支える家族の思い、患者の心に向き合うことの大切さに気づいていく……というヒューマン医療ドラマ。

 吉永さんは「初めての医師役で、分からないことだらけだった」と苦労を吐露。一方、同じ診療所で働くスタッフを演じた広瀬すずさんと松坂桃李さんの若手2人の印象について「すずちゃんは可愛くて涼やか。桃李さんは、すてきで、キリンのようにスクスクと成長されている。かっこいい。そういう2人を毎日見ていて楽しかったです」とほほ笑んだ。

 この日のイベントには、ほかにも、西田敏行さん、南野陽子さん、小池栄子さん、みなみらんぼうさん、泉谷しげるさん、中山忍さん、田中泯さんらが出席した。

写真を見る全 15 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る