検索
映画「砕け散るところを見せてあげる」の公開記念舞台あいさつに登場した中川大志さん
1 / 11

映画「砕け散るところを見せてあげる」の公開記念舞台あいさつに登場した中川大志さん

今週のイケメン:中川大志、二十歳の自分に「わけーなー」 竹内涼真「きみセカ」撮了フォト公開 千葉雄大の密着映像公開、主演ドラマ続編も 後編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(4月6~12日)は、俳優の中川大志さんが主演映画のイベントに登場した話題、俳優の竹内涼真さんの主演ドラマがクランクアップを迎えた話題、俳優の千葉雄大さんが出演したドラマのメーキング映像が公開された話題と、千葉さんの主演連続ドラマが放送される話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 中川さんが4月10日、東京都内で行われた、石井杏奈さんとダブル主演を務めた映画「砕け散るところを見せてあげる」(SABU監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。同作は昨年公開予定だったがコロナ禍で約1年、公開が延期になったことから、中川さんは撮影当時を振り返って「2年半……二十歳になったばかりのときに撮っていたので『ニキビできている感じもわけーなー』と(笑い)」と苦笑いを見せた。

 一方で「でも、そういうのも含めて、あの瞬間の、あの時にしかない表情や感じていることがいっぱいあったんだろうな、と。それを残していただいてよかったです」と感謝の思いを語った。

 映画は、竹宮ゆゆこさんの同名小説が原作。普通の高校3年生の濱田清澄(中川さん)は、“学年一嫌われ者”と呼ばれて孤立していた1年生の蔵本玻璃(石井さん)を、いじめの手から救い出そうとする。次第に2人は心の距離を縮めていくが、玻璃には誰にも言えない秘密があり、清澄にも恐るべき危険が迫る……というストーリー。

 竹内さん主演で、動画配信サービス「Hulu(フールー)」でシーズン2が独占配信中の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(きみセカ)のクランクアップ時の写真が10日、公開された。全16話を通じて主演を務めた竹内さんは、花束を受け取り「楽しかったし、このチームが大好きです。ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べた。

 「君と世界が終わる日に」は、日本テレビとHuluの共同制作ドラマで、“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に描くサバイバルラブストーリー。シーズン1は地上波で放送され、全10話で完結。シーズン2は全6話。2020年10月13日にクランクイン。シーズン1~2を通して全16話の撮影は、約半年間にわたり、2021年3月28日にオールアップを迎えた。

 シーズン2は第1~4話が配信中。第5話は、18日午前0時から配信される。

 千葉さんが出演し、9日に最終話が配信された動画配信サービス「Amazon Prime Video」のオリジナルドラマ「ホットママ」のメーキング映像が8日、公開された。撮影初日からクランクアップまで、千葉さんらキャスト陣に密着した約11分の映像で、インタビューも収録されている。今作で初のママ・パパ役に挑戦した主演の西野七瀬さんと千葉さんが、赤ん坊の抱っこに悪戦苦闘する様子などが収められている。

 ドラマは、中国のヒットドラマ「辣媽正傳(英語タイトル:HOT MOM!)」をリメークしたラブコメディー。世界に通用するファッションディレクターを夢見る夏希(西野さん)が、夢に向かって突き進みながら、仕事や育児に奮闘する姿を描いた。

 千葉さんが出演したNHKの連続ドラマ「いいね!光源氏くん」の続編となる“し~ずん2”が制作されることが6日、分かった。「源氏物語」の中で雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏(千葉さん)が、現代に出現。こじらせ会社員・藤原沙織(伊藤沙莉さん)が、ヒモ同然で住まわせることになる……という“イケメン居候コメディー”。

 千葉さんは「また『いいね!光源氏くん』の世界観を皆さまにお届けできること、本当にうれしく思います。気心しれた皆さまともまた一緒に作品を紡げますし、心強いです。とはいえ、きちんと気を引き締めて取り組んで参ります。ああ、でもやっぱりニマニマしちゃいそう。し~ずん2(平仮名なんです)、お楽しみに」とコメントしている。

 ドラマは、えすとえむさんの同名マンガが原作。“し~ずん2”は、打ち上げ花火を一人寂しく見上げる沙織の元に、光源氏が平安の世から舞い戻ってくる。再び2人の同居生活が始まるが、源氏物語で光がめでている紫の上までもが現代に次元ジャンプしている疑惑が持ち上がり……というストーリー。全4回。NHKの「よるドラ」(総合、月曜午後10時45分)枠で6月7日にスタートする。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る