検索
7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」で本格女優デビューを果たす宇垣美里さん
1 / 4

宇垣美里:「演じる魅力を知ることができて新鮮」 本格女優デビューでコスメ好き編集部員に

Twitterでシェア

 フリーアナウンサーの宇垣美里さんが、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと小芝風花さんがダブル主演を務め、7月にスタートする連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で本格女優デビューする。すでに撮影は始まっており、宇垣さんは「女優として演じる魅力を知ることができて新鮮ですし、違う人生を演じることが楽しいです」とコメントしている。

 宇垣さんが連続ドラマにレギュラー出演するのは今回が初めて。中島さん演じる長谷部宗介が副編集長を務め、小芝さん演じる佐藤愛が働くファッション誌の若手編集部員でビューティー・エディターの須田絵里花を演じる。絵里花は勝ち気なキャラクターで、愛とのシーンでも強気な場面があるという。

 自身のビューティー本を発売するほど美容に関心が高い宇垣さんは、今回の役どころを「私にぴったりな役」とコメント。「自分とは似ているようで異なるキャラクターになりきっているつもりなので、『ドラマを楽しんでいたら、よく見ると演じている人が宇垣さんだった!』と驚いてもらえたら幸いです」と話している。

 また撮影では、すでに“失敗”もあったといい、「先日、焼肉店での撮影シーンがあったのですが、食べたいけどタイミングが難しくて……。勝⼿に少し食べられると思っていてご飯を食べていなかったので、失敗したなーと(笑い)。その時は反省しました」とエピソードを明かしている。

 「彼女はキレイだった」は、韓国でMBC演技大賞10冠に輝いた大ヒットドラマが原作。子供の頃は太っていていじめられっ子だったが、今ではイケメンのエリートに成長した“最恐毒舌”のファッション誌の副編集長・長谷部宗介(中島さん)と幼少期は優等生の美少女だったが、無職の残念なアラサー女子になってしまった佐藤愛(小芝さん)の“すれ違う初恋”が描かれる。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る