検索
6月19日放送のバラエティー番組「マツコ会議」に出演するRiRiaさん(左)とMiki Hamanoさん=日本テレビ提供
1 / 2

6月19日放送のバラエティー番組「マツコ会議」に出演するRiRiaさん(左)とMiki Hamanoさん=日本テレビ提供

マツコ会議:ハリウッドで活躍する日本人女優&モデルが出演 日本人の可能性を語る 「来るなら今がチャンスだよ!」 

 タレントのマツコ・デラックスさんのバラエティー番組「マツコ会議」(日本テレビ系、土曜午後11時)の6月19日の放送に、米ハリウッドで活躍している女優のRiRiaさんとモデルのMiki Hamanoさんが出演する。2人は、中継で登場。現在の活動や、多様性が進んでいるというハリウッドの実情を語る。

 今年、ブラット・ピットさんが主演する映画への出演が決まったというRiRiaさんは、実は元世界一のフルート奏者。7歳からフルートを始め、10歳でプロデビュー。17歳でフルートの世界大会で優勝し、世界的指揮者の佐渡裕さんから「天才」と称されるほどの実力者だった。

 しかし世界一の称号を手にした途端、高校を中退し「ハリウッドスターになる!」と単身渡米したという。その経歴にはマツコ・デラックスさんも「なんでフルートを辞めたの? 子供の頃から寝る暇も惜しんで練習してたんでしょ?」と驚愕(きょうがく)。RiRiaさんが「自分のやりたいことは本当にこれ(フルート)なのかな? もっと声を出して体を使って表現したいなと思っていた矢先に、母がマイケル・ジャクソンの映像を見せてくれて」と経緯を説明するとマツコさんは「急にお母さん、そっちの英才教育始めたの!?」と、母親の見事な教育方針転換にさらに驚く。

 ハリウッドでは俳優活動として、年間300本くらいのオーディションを受けているというRiRiaさん。このコロナ禍ではZoomでのオーディションや、セルフテープと言われる、演技を自撮りした映像をプロダクションに送るのが主流なのだという。いかに役になりきるかが大切で、役に合った衣装やカツラなども自腹で用意し、オーディションに命を賭ける思いで臨んでいると話す。

 そんな中、マツコさんが興味を持ったのは「ハリウッド界でのアジア人の需要」について。およそ日本人のイメージとはかけ離れたド派手なピンクヘアのRiRiaさんが多くの映画やCMで活躍しているのを知り、「日本人ってハリウッドや欧米に挑戦しようと思った時に、向こうの最新のはやっているモノに自分も合わせないとダメっていう発想になりがちじゃない? でも向こうの人がやらなそうなことをやった方が面白いし、お金を出す価値があると思う」と、RiRiaさんの固定観念にとらわれないスタイルを称賛。さらに、ハリウッドの驚きのギャラ事情にも踏み込む。

 続いてモデルのMiki Hamanoさんが登場。Hamanoさんはモデル歴わずか4年ながら、世界的シンガー「The Weeknd」のミュージックビデオに出演。謎の美女として一躍話題になった。さらに米雑誌「PLAYBOY」のモデル(プレイメイト)になったという異色の経歴の持ち主。

 Hamanoさんの水着姿の表紙を見たマツコさんは「なかなか日本人のカラダじゃないわね」「もっとプレイメイトの時の写真が見たい」と、その日本人離れしたセクシーボディーに大興奮。黒髪のアジアンビューティーであるHamanoさんが、セックスシンボルである“プレイメイト”に選ばれたことについて、マツコさんは「ついにおっぱいと黒髪が融合したのよ!」と独自の理論を展開する。

 Hamanoさんいわく、モデル業界でもアジア人の需要が高まってきているとのこと。「モデル目指している人は来るなら今がチャンスだよ!ってみんなに言いたい」と、自身が今まさに体感している“日本人の可能性”について熱く語る。

写真を見る全 2 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る