検索
国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2021」のアワードセレモニーに出席した
1 / 6

国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2021」のアワードセレモニーに出席した

齊藤工監督:ヒゲ面&ロン毛でワイルドコーデ 縦型ショートフィルムに「身近な画角」と気づき

 俳優の斎藤工さんが6月21日、明治神宮会館(東京都渋谷区)で開催された、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア(SSFF&ASIA)2021」のアワードセレモニーに、齊藤工監督として出席した。ヒゲを生やしたロン毛姿でハットをかぶり、つなぎのような衣装とシャツを合わせ、クジャクの羽根のようなアクセサリーを着けたワイルドコーデだった。

 齊藤監督はバーチカル(縦型)のショートフィルムを世界から公募した「バーティカルシアター部門」のプレゼンターを担当。自身を「昭和の成分の塊のようなアナログ人間」と表現し、「縦型に対して、自分がどう捉えるのかなと思っていたが、横型より縦型の方が身近な画角ということを気づかされた」と新鮮だった様子。

 受賞したホラー作品について「スマートフォンで拝見したのですが、ブラックアウトになる瞬間に映像を見ている自分が映り込む。ホラーという性質も含めてスマートフォンならではの作品の味わい方、楽しみ方だと思った」と語った。

 「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」は、アジア最大級の国際短編映画祭。23回目の今年は約120の国と地域から6000本以上の作品の応募があった。同映画祭のグランプリにあたる「ジョージ・ルーカス・アワード」には、ラファエル・マヌエル監督の「フィリピニャーナ」が選ばれた。

 この日は池田エライザさん、松本穂香さん、篠原ともえさんらも審査員やプレゼンターとして登場した。

写真を見る全 6 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る