検索
1 / 20

内田理央:「ぷりぷりっとしたグラビアになりました」 20代ラスト写真集に大満足「最強に盛れた」

Twitterでシェア

 女優の内田理央さん(29)が6月23日、約5年ぶり、20代最後となる写真集「PEACH GIRL」(主婦と生活社)を発売し、オンライン会見を行った。今回の写真集について、内田さんは「自分史上最強に盛れた。『結構脱いじゃいました~、てへ』みたいな感じの、ぷりぷりっとしたグラビアになりました」と大満足な様子で、「これでもう私の“グラビア欲”は一時なくなっていますので、もしかしたら最後かな」と明かした。

 自身5冊目となる今回の写真集のテーマは「幼なじみ」。大胆な“脱ぎっぷり”も話題となっているが、内田さんは「グラビアからデビューして、今までいろんなグラビアをやってきた。正直やることがあまりなかったので、今回はどれだけ脱げるかというよりは、いろいろなアイデアで、やったことないことを目指しました」と説明した。

 自らのアイデアもふんだんに詰め込んだといい、お気に入りは「肘が錯覚でおっぱいに見える“ひじおっぱい”っていうカット」と、「憧れていた」という袋とじで、「(袋とじを)開けたことが今までの人生でなかったので、私の強い要望で写真集の中に入れさせていただきました」と照れ笑いした。

 「下品にならなくて男女ともに楽しめるように、性別関係なくちょっとドキッとする存在……。見てる側が『そんな脱がないでいいよ!? ちょっと着てよ!』って言ってくれる幼なじみを目指して、撮らせていただきました」と明かしていた。

 写真集は、女性ファッション誌「ar(アール)」(同)が監修。A4判、128ページ、2970円で発売中。

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る