検索
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する市川実日子さん(C)NHK
1 / 9

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する市川実日子さん(C)NHK

市川実日子:ヒロインに“敵対心むき出し” オダギリジョーに思い寄せるグルーピー役で次期朝ドラに

 女優の市川実日子さんが、2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に出演することが7月15日、明らかになった。市川さんは、ジャズ喫茶に通う通称ベリーと呼ばれている女子大生を演じる。このほか、俳優のオダギリジョーさん、早乙女太一さんらが出演することも発表された。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ初の3人ヒロインの作品で、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんがヒロインを演じる。昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代を描く。上白石さんは祖母の安子(やすこ)役、深津さんは母るい役、川栄さんは娘ひなた役として、母から娘へとバトンをつなぐ。

 今回発表されたのは、深津さん演じる二代目ヒロイン・雉真るいが主人公の大阪編のキャスト。オダギリさんは、るいが働くクリーニング店に客としてやってくる謎の男・大月錠一郎、通称ジョーを演じる。早乙女さんは、ジャズ喫茶を拠点に活動し、アイドル的な人気を誇るミュージシャン、通称トミー役で出演。市川さん演じるベリーは、ジョーに思いを寄せる良家の令嬢。るいとジョーの関係に気もそぞろで、るいに敵対心むき出しで迫ってくる……という役どころ。

 市川さんは「真っすぐで可愛らしい登場人物のやりとりに、胸がぽかぽかしています。ラジオに英語にジャズ。たくさんの良い音が聞こえてきそうなお話。人の生み出す音が、聴いた人の心や人生に作用していくところが印象的でした」と脚本の印象を語っている。また、演じるベリーについては「昭和30年代、その時代のおしゃれをしているグルーピーの役。個人的に憧れている時代でもあるので、その空気感の中に入れることがとても楽しみです」と話し、「るいさんや時代と共に、どう変化していくのか、心柔らかく撮影に参加できたらと思っています」とコメントしている。

 このほか、俳優の村田雄浩さん、濱田マリさん、近藤芳正さん、笑福亭笑瓶さんが出演することも発表された。

写真を見る全 9枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事