検索
映画「そして、バトンは渡された」のポスタービジュアル(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
1 / 1

映画「そして、バトンは渡された」のポスタービジュアル(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

石原さとみ:魔性の女役でウエディングドレス姿に 永野芽郁の主演映画、本予告が公開

 女優の石原さとみさんが出演する、永野芽郁さんの主演映画「そして、バトンは渡された」(前田哲監督、10月29日公開)の本予告映像とポスタービジュアルがこのほど、公開された。映像には、シングルマザーで自由奔放に生きる魔性の女・梨花を演じる石原さんの美しいウエディングドレス姿が映し出されている。

 映画は、瀬尾まいこさんの小説が原作。血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった優子(永野さん)は、わけあって義理の父親・森宮(田中圭さん)と2人暮らしをしている。将来のこと恋のこと友達のこと、うまくいかないことばかり。一方、夫を何度も変えて自由奔放に生きる梨花は、泣き虫な娘のみぃたん(稲垣来泉さん)に愛情を注ぎ、共に暮らしていたが、ある日突然、姿を消してしまう。そして、森宮も優子に隠していた秘密があった。優子の元に届いた一通の手紙をきっかけに、全く違う二つの物語が交差する……という内容。

 映像では、ウエディングドレス姿の梨花が結婚式でバージンロードを歩くようなシーン、梨花が家族でストリートパフォーマンスを楽しむようなシーンのほか、梨花の「ごめんね、みぃたん。私は最低の母親でした」という言葉や、森宮の告白に優子が驚いたような表情を見せるシーンなどが収められている。

 また、ピアノロックバンド「SHE’S(シーズ)」が手がけた同作のインスパイアソング「Chained」も発表された。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る