検索
主演映画「護られなかった者たちへ」の初日舞台あいさつに登場した佐藤健さん
1 / 7

主演映画「護られなかった者たちへ」の初日舞台あいさつに登場した佐藤健さん

佐藤健:タートルネック×ダブルのジャケットで秋コーデ 「皆さんの明日が今日より素晴らしいものであるように」

 俳優の佐藤健さんが10月1日、東京都内で行われた主演映画「護(まも)られなかった者たちへ」(瀬々敬久監督)の初日舞台あいさつに登場した。タートルネックのトップスに、ダブルのジャケットという秋を感じさせる装いだった。

 映画は、2020年4月にクランクインの予定だったがコロナ禍で延期になるなどの困難を経て公開。佐藤さんは、無事に初日を迎えた心境について、「大変うれしく思います。撮影できないんじゃないかということを一時期、覚悟するぐらいだったので。本日やっと、皆様にお届けすることができる。非常に感慨深く思っています」と喜んだ。

 また、「日々つらいこと、悲しいこと、悔しいこと、理不尽なことに怒りを覚えることがあると思います。この作品には、社会が、世の中が、少しでもよくなるようにという祈りが込められています。皆さんの明日が今日より素晴らしいものであることを願っています」とあいさつした。

 舞台あいさつには、共演の阿部寛さん、清原果耶さん、瀬々監督も登壇した。

 「護られなかった者たちへ」は、中山七里さんの同名小説(NHK出版)が原作。東日本大震災から10年目の仙台で、被害者を“餓死”させる連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かんだのは、別の事件で服役し出所したばかりの利根(佐藤さん)。刑事の笘篠(阿部さん)は、利根と被害者たちとの接点を見つけ出し、追い詰めていくが、決定的な確証をつかめないでいた。やがて第3の事件が起きてしまい……というストーリー。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る