検索
西本願寺の特設ステージでフルートを演奏するCocomiさん(C)MBS
1 / 11

西本願寺の特設ステージでフルートを演奏するCocomiさん(C)MBS

Cocomi:大ファンのチェリスト宮田大と初共演「ときめき止まらず、ずっと興奮」 出演する音楽番組24日深夜放送

 フルート奏者のCocomiさんが出演する音楽番組「西本願寺音舞台」(MBS・TBS系)が10月24日深夜0時半から放送される。西本願寺(京都市下京区)の国宝・阿弥陀堂前の特設ステージで9月4日に、無観客で収録されたもので、Cocomiさんは音楽監督を務めた村松崇継さん、チェリストの宮田大さん、母で歌手の工藤静香さんと、村松さんが手がけ、竹内まりやさんが歌った「いのちの歌」を披露。「村松さんとは奇跡的な巡り合わせです。宮田大さんはもともと大ファンでした。初共演のアンサンブルはときめきが止まらず、ずっと興奮状態でした」と演奏を振り返っている。

 この日の演奏については「室内とは違い天井がないオープンな空間での演奏が初めてで、開放感あふれる中でのびのびとできました。すてきな機会をありがとうございます。感謝しかないです」とコメントしている。

 村松さんはCocomiさんへのオファーについて「Cocomiさんの(フルートの)音色を初めて聞いた時、その美しさと音色から発するオーラや清らかさに驚き、音舞台へお誘いしました」とコメント。Cocomiさんとともに演奏した楽曲「Earth」について、「普段はピアノとフルートのシンプルな構成なのですが、今回それをオーケストレーションし、新たにフルートコンチェルトのように壮大にアレンジしています。Cocomiさんの、今だからこそ出せる清らかさ、若さがいっそうひきだされていると思います」と絶賛している。

 また、宮田さんはCocomiさんとの演奏について「演奏中も一緒に音楽で対話をしているといいますか、私がしゃべったことをCocomiさんが音で返してくれました」と表現している。

 「音舞台」はMBSテレビが30年以上にわたり開催してきた一夜限りの文化イベント。今回が34回目で、西本願寺で行われるのは10年ぶり2度目。「コロナ禍で不安を抱える世の中に音楽の力で少しでも勇気と希望を与えたい」という村松さんの思いに賛同したアーティストが「いのち」というテーマでステージを繰り広げた。

 番組では、柳澤桂子さんの詩「いのちのことば」を女優の比嘉愛未さんが朗読する。ナレーションを俳優の草刈正雄さんが担当する。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る