検索
/article/20211005dog00m100030000c.html?photo=004
4 / 12

石原さとみ:初の母親役も気負い無し 子役と交流で「愛を育んだ」 撮影外では苦戦も?

Twitterでシェア

 女優の石原さとみさんが10月5日、東京都内で行われた永野芽郁さん主演の映画「そして、バトンは渡された」(前田哲監督、10月29日公開)のジャパンプレミアに出席。母親役に初挑戦したが、「母親役だから、ということで気負いは無かったです」と明かしつつ、子役との交流などを語った。

 石原さんが今回演じたのは、子役の稲垣来泉(くるみ)さん演じる“みぃたん”と母娘になるシングルマザー・梨花で、「とにかく、梨花がみぃたんのことを好きなように、私が来泉ちゃんのことをどれだけ好きになれるかに一番かかっていると思った」と回顧。監督のはからいで、クランクイン前に交流し、「愛を育んでいた。『あぁ、役作り終わった』と思った。これからどんどん愛を深めていくだけでいいんだと思うと、『なんてありがたいんだろう』と楽しくできました」とほほ笑んだ。

 撮影外では「さとみちゃん」「くるみん」と呼び合う仲になったという石原さんだが、「本番前にちょっと疲れていた(笑い)」と告白。「ずっと、くるみんがNiziUのダンスとか踊って、私に教えてくれようとしたけど、いっこうに覚えられない(笑い)。いっぱい、いろいろ教えてくれたよね。『鬼滅の刃』とかいっぱい教えてくれて。一生懸命覚えなきゃと思っていた」と笑って明かしていた。

 映画は、瀬尾まいこさんの小説が原作。血のつながらない親に育てられ、4回も苗字が変わった優子(永野さん)は、わけあって義理の父親・森宮(田中圭さん)と2人暮らしをしている。一方、夫を何度も変えて自由奔放に生きる梨花(石原さん)は、泣き虫な娘のみぃたん(稲垣さん)に愛情を注ぎ、共に暮らしていたが、ある日突然、姿を消してしまう。そして、森宮にも優子に隠していた秘密があった。優子の元に届いた一通の手紙をきっかけに、全く違う二つの物語が交差する……という内容。イベントには永野さん、田中さん、稲垣さん、市村正親さんも出席した。

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事