検索
「フランス映画祭2021 横浜」のラインアップ発表記者会見に出席した杏さん
1 / 11

杏:「パリは青春の場所」 パリコレ出演した10代の思い出語る

Twitterでシェア

 女優の杏さんが10月14日、フランス大使館(東京都港区)で、11月11日に横浜で開幕する映画祭「フランス映画祭2021 横浜」(ユニフランス主催)のラインアップ発表記者会見に出席した。フェスティバル・ミューズである杏さんは「私にとってパリ、フランスは青春の場所」といい、10代のころのフランスでの思い出について明かした。

 「10代の頃からパリコレクションに出演させていただいて、まだスマートフォンもなかった時代に紙の地図を持って、アドレスを巡りながらオーディションを受けてファッションショーに(出演していた)」と回顧。「右も左も、英語もフランス語もよく分からない時に、なんだかよく分からないけれど飛び込んで、ものすごく最先端のファッションの現場に行くことができた。その時に築いたものが宝物のように私の中で熟成されて、今も大事」と話した。

 また、同映画祭が開催される横浜については、「とにかく“映(ば)える”場所」とにっこり。モデルとしてもさまざまな場所で撮影をしたといい、「以前、ワンクールすべてが横浜が舞台の『デート~恋とはどんなものかしら~』というドラマに出演したので、その時は横浜に毎日のように通った」と話していた。

 さらに、「どこを切り取っても、朝も昼も夜もすごくキレイなんですよね。海があって、歴史もあって、おいしいものもあって」と語り、「10代のころから結構通っているので、親しみ、そして思い出のある場所となっています」と明かしていた。

 同映画祭は、11月11~14日にみなとみらい21地区を中心に開催される。歌手のセリーヌ・ディオンさんの人生から生まれたという映画「ヴォイス・オブ・ラブ」(ヴァレリー・ルメルシェ監督)や、仏女優のイザベル・ユペールさんが出演する「約束」(トマ・クルイトフ監督)など11作品が上映される。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る