検索
主演映画「劇場版 ルパンの娘」の初日舞台あいさつに出席した深田恭子さん
1 / 13

主演映画「劇場版 ルパンの娘」の初日舞台あいさつに出席した深田恭子さん

深田恭子:「ちょっとさみしい」 「ルパンの娘」初日迎え続編に意欲

 女優の深田恭子さんが10月15日、東京都内で行われた、主演映画「劇場版 ルパンの娘」(武内英樹監督)の初日舞台あいさつに出席した。テレビドラマ版から約2年にわたって演じ続けてきた作品で「愛着がある」と切り出し、「私にとって宝物のような作品になりました。きょう、さみしいです。自分の手から離れてしまうのが……。いつでも呼ばれたら、また仮面をつけてみんなで集まりましょう」と続編へ意欲をのぞかせ、観客から大きな拍手を浴びた。

 「ルパンの娘」は、横関大さんの同名小説(講談社文庫)シリーズが原作。代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史さん)の恋愛を描く。連続ドラマが2019年、2020年に放送された。

 舞台あいさつには瀬戸さん、小沢真珠さん、栗原類さん、どんぐりさん、大貫勇輔さん、市村正親さん、観月ありささん、渡部篤郎さん、武内監督も出席した。

 深田さんは、約2年の歳月を共にしてきたメンバーとステージに上がり、「記念すべき初日にお越しくださり、皆さまありがとうございます。やっと、やっと皆様にお届けできる。私もきょうを心待ちにしておりました」と喜びを噛み締めていた。

 劇場版には、同シリーズのオールスターが集結。舞台をヨーロッパの王国に移し、Lの一族の秘密を描く。

 壮大な家族の物語となり、共演者とは撮影現場で家族のような絆を育むことができたようで、深田さんは「パート1の時に『こんなドラマがあるんだ』とびっくりした。パート2、劇場版までできるとは思わなかった。すごく居心地のいい現場。こんなに長いこと一緒にお仕事をさせていただけることもない。チームワークがとてもいい現場でした」としみじみと振り返った。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る