検索
連続ドラマ「山女日記3」で主演を務める工藤夕貴さん=NHK提供
1 / 3

連続ドラマ「山女日記3」で主演を務める工藤夕貴さん=NHK提供

工藤夕貴:「この地球に生まれた自分が幸せに思えるはず」 登山ガイド演じる主演連ドラ「山女日記3」 きょうスタート

 女優の工藤夕貴さんが主演を務める連続ドラマ「山女日記3」(NHK・BSプレミアム、日曜午後10時、全6回)が10月17日にスタートする。2016、17年に続くシリーズ3作目で、工藤さんがアラフォーで登山ガイドになった立花柚月を演じている。

 湊かなえさんの小説「残照の頂 続・山女日記」(幻冬舎)が原作。会社勤めを辞め、北アルプス山麓(さんろく)で登山ガイドとして成長を続ける独身の柚月(工藤さん)。柚月の元には、今日も人生の苦悩を抱えたさまざまな依頼客が訪れる。

 柚月と大学時代に付き合っていた山岳カメラマン・山根岳人役で中村俊介さん、柚月が暮らす北安曇村で新しく就任した村長・緑川弥生役で若村麻由美さん、柚月の親友でもある役場職員・藤森あかね役で本仮屋ユイカさん、柚月の父・立花昭一役で田中健さんが出演する。

 工藤さんは「私たち俳優を含む撮影クルー全員が重い荷を背負い、雨にも負けず、風にも負けず、一歩一歩着実に登り、真剣に、良い作品を届けたいとの一心で、同じ志を持って撮影しています」とコメント。「今度の『山女日記』には、仲間の、人間の、地球の愛があふれています。二度と戻ることのない悠久の時の素晴らしさを、ぜひまぶたに残してください。きっと、この地球に生まれた自分が幸せに思えるはずです」と話している。

 第1話「始まりの山・白馬岳」では、柚月が山岳ガイドとしてステージ3に昇格。昇格祝賀会では柚月を応援する役場職員の藤森あかね(本仮屋さん)も、我がことのように喜んでいた。だが、そこへ柚月の最愛の母の訃報が届く。落胆する柚月だったが、気丈に告別式を終えると白馬に戻ってガイドの仕事に復帰。復帰後、最初の依頼客は、母と娘の親子連れで、娘の女子大学生・夏樹(中田乃愛さん)が母親のあおい(高島礼子さん)を強引に連れ出したらしい……というストーリー。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る