検索
ドラマ「この初恋はフィクションです」に出演するTBSの江藤愛アナウンサー(C)TBS
1 / 2

ドラマ「この初恋はフィクションです」に出演するTBSの江藤愛アナウンサー(C)TBS

TBS江藤愛アナ:「少しそわそわしてしまいました」 アナ役以外で初のドラマ出演、教師役に緊張

 TBSの江藤愛アナウンサーが、同局初の「よるおびドラマ」枠で放送中の「この初恋はフィクションです」(月~木曜深夜0時40分)に出演することが10月15日、分かった。ドラマは、同局で放送された演技バトル番組「私が女優になる日_」で1位に輝いた飯沼愛さん主演、同番組の出演者が主要な生徒を演じる青春群像ラブストーリー。江藤アナは社会科の教師役で、10月20日放送回から出演する。江藤アナがアナウンサー役以外でドラマに出演するのは初めて。

 ドラマは、同局初の深夜の帯番組として15分枠で放送。企画、原案を秋元康さん、脚本を「私の家政夫ナギサさん」(同局)、「恋はDeepに」(日本テレビ系)などを手掛け
た徳尾浩司さんが務めるオリジナル作。

 江藤アナは、今作への出演に「とても緊張しました。普段ドラマに出演することがあってもアナウンサー役で原稿を読むことが多いのですが、今日は社会科の先生役ということもあり、目の前に生徒役の方も20名くらいいてカメラも多くて、少しそわそわしてしまいました(笑い)」とコメント。

 また、「私が女優になる日_」でMCを務め、飯沼さんらがプロジェクトメンバーに選ばれた時から見守ってきた江藤アナは、約1カ月ぶりとなる再会を振り返り、「飯沼さんにお会いしたら『お母さんみたいな存在で、会うと安心します』と言ってくれて、ずっとみんなのことを娘のように思って、母のような気持ちで応援していたのでとてもうれしかったです。(撮影現場が)実際に学校なのもあり、娘たちの授業参観に来たみたいな気持ちでした」と明かしている。

写真を見る全 2 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る