検索
主演映画「梅切らぬバカ」のトークイベントに出席した加賀まりこさん
1 / 9

主演映画「梅切らぬバカ」のトークイベントに出席した加賀まりこさん

加賀まりこ:自閉症を抱えるパートナーの息子を重ね「見かけたらほほ笑んで」 54年ぶり主演映画への思い語る

 女優の加賀まりこさんが10月22日、東京都内で開催された、主演映画「梅切らぬバカ」(和島香太郎監督、11月12日公開)のトークイベントに出席した。自身のパートナーの息子が自閉症という加賀さんは、同作で自閉症の息子・忠男と二人暮らしをする母親を演じ、「見終わって、忠さん(忠男)が好きと思ってくれたら一番うれしいです。街でそういった方を見かけたら手を差し伸べなくてもいいので、ぜひほほ笑んであげてください。お願いします」と思いを語った。

 加賀さんが映画の主演を務めるのは54年ぶり。「私は近くに自閉症を抱えた息子がおり、この親子の日常がそんなに違った日常ではなかったので、自分ならやれるかもしれないと思い、引き受けました」と主演を務めた経緯を振り返った。

 また、役作りについて「たまに一緒に散歩したり、ごはんを食べに行ったりすることがあったのですが、急に大きな声を出したりすると、すれ違う方々の視線を冷たく感じる時がありました。だから、この映画を観て忠さん(忠男)を好きになってくれたらいいなと心の中で念じることが、私の役作りだったんです」と明かした。

 映画は、母親・珠子(加賀さん)と自閉症を抱える息子・忠男(塚地武雅さん)が社会の中で生きていくさまを温かく描く。ある日、グループホームの案内を受けた珠子は、悩んだ末に忠男の入居を決める。しかし、初めて離れて暮らすことになった忠男は環境の変化に戸惑い、ホームを抜け出してしまう。そんな中、珠子は邪魔になっている庭の梅の木を切ることを決意するが……と展開する。

写真を見る全 9 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る