検索
2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演する有村架純さん=NHK提供
1 / 8

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演する有村架純さん=NHK提供

有村架純:「憧れあった」大河ドラマ初出演 松本潤と3度目共演で夫婦役に

 女優の有村架純さんが、松本潤さんが主演を務める、2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演することが11月29日、明らかになった。同日に行われた会見で発表された。有村さんは松本さん演じる家康の正室・瀬名(築山殿)役。大河ドラマ初出演で、「朝ドラを4、5年前に経験したときに、ちょうどスタジオが大河と隣同士で、一緒に頑張って乗り越えているという感覚がしていた。そこから大河ドラマを意識しだして、出演が決まったときは、憧れもあったのですごくうれしかったです」と喜びを語った。

 有村さんが演じる瀬名は、「家康を一番、知り尽くした女」。今川家の家臣・関口親永の箱入り娘で、太陽のように明るく、朗らかで、家康の初恋の相手。その後、相思相愛で仲むつまじい夫婦となり、信康と亀姫を授かる。織田信長との「桶狭間の戦い」を前に、笑顔で家康を送り出すが、その日から自身の運命も変わり始める……という人物。

 松本さんとは、2014年放送のフジテレビ“月9”ドラマ「失恋ショコラティエ」、2017年公開の映画「ナラタージュ」に続き、3度目の共演となる。有村さんは「最初は兄弟、2度目は先生と生徒の恋愛、次はとても明るく楽しい夫婦漫才を繰り広げるような関係性なので、とっても楽しみです」と期待した。

 そのほか、岡田准一さんが織田信長、ムロツヨシさんが豊臣秀吉、阿部寛さんが武田信玄、野村萬斎さんが今川義元を演じることも発表された。

 「どうする家康」は、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などを手がける古沢良太さんが脚本を担当。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代(のちの家康)が、三河の武士の熱意に動かされ、弱小国の主として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄らが割拠する乱世に飛び込む……という物語。

 NHK大河ドラマは、吉沢亮さん主演の「青天を衝(つ)け」が放送中。2022年は小栗旬さん主演の「鎌倉殿の13人」が放送される。

写真を見る全 8 枚
Twitterでシェア

モデル・女優 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る