検索
2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演する岡田准一さん=NHK提供
1 / 5

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演する岡田准一さん=NHK提供

岡田准一:大河ドラマで信長役「怖さもあり、楽しみもある」 “家康”松潤を「振り回したい」

 俳優の岡田准一さんが、松本潤さんが主演を務める、2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に織田信長役で出演することが11月29日、明らかになった。同日に行われた会見で発表された。2014年の「軍師官兵衛」に続いて、2度目の大河ドラマ出演となる岡田さんは「織田信長という圧倒的なイメージがある人物にチャレンジできるというのは、怖さもあり、楽しみもあり、両方ありますね」と語った。

 これまで、「軍師官兵衛」の黒田官兵衛や映画「関ヶ原」の石田三成など「秀吉配下の役をやることが多かった」という岡田さんは、「それより上の立場をやったことがないので、今まで振り回されてきた分、今度は(秀吉役の)ムロさんを引きずり回せるのを楽しみにしている」とにやり。さらに「松潤を心の面で振り回せる。『どうする?』というのを突きつけて、振り回したいですね。松本君を」と話していた。

 そのほか、有村架純さんが家康の正室・瀬名(築山殿)、ムロツヨシさんが豊臣秀吉、阿部寛さんが武田信玄、野村萬斎さんが今川義元を演じることも発表された。松本さんは、「本当に豪華な方たちと一緒にできることを楽しみにしていますし、自分にプレッシャーをかけて、皆さんと一緒にいい仕事ができるように頑張っていきたいなと。撮影までにいい準備がしたいなと思っています」と意気込みを語った。

 「どうする家康」は、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などを手がける古沢良太さんが脚本を担当。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代(のちの家康)が、三河の武士の熱意に動かされ、弱小国の主として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄らが割拠する、乱世に飛び込む……という物語。

 NHK大河ドラマは、吉沢亮さん主演の「青天を衝(つ)け」が放送中。2022年は小栗旬さん主演の「鎌倉殿の13人」が放送される。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る