検索
2022年1月期の連続ドラマ「DCU」に出演するエレナ・アレジ・後藤さん(C)TBS
1 / 2

2022年1月期の連続ドラマ「DCU」に出演するエレナ・アレジ・後藤さん(C)TBS

エレナ・アレジ・後藤:ゴクミ長女「母もセリフを覚えるのを手伝ってくれた」 「日曜劇場」で女優デビュー

 女優の後藤久美子さんの長女で、モデルのエレナ・アレジ・後藤さんが、2022年1月期にTBS系の「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される連続ドラマ「DCU」で女優デビューする。水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたミステリードラマで、後藤さんは第2話から登場。謎多き外国人のマリア・シルバを演じる。ドラマは1月16日にスタート。

 演技に初挑戦する後藤さんは「この仕事が決まった時、ちゃんと演技ができるのかなとプレッシャーを感じていました」と話しつつ、「演技に関しては監督が何度もリハーサルをしてくれたのでとても助かりました。母もセリフを覚えるのを手伝ってくれて『一緒に会話するだけだからナチュラルにやっていけば大丈夫』とアドバイスをくれました。今は、目の前のことに集中して頑張ります」と意気込んでいる。

 ドラマは、TBSが海外プロダクションと共同制作するオリジナルドラマ。海上保安庁に新設された潜水特殊捜査隊「DCU」が、水にまつわる事件・事故と、そこに隠された謎に迫る。

 後藤さん演じるマリア・シルバは、能登半島の漁港で発生した殺人事件の犯人をDCUが捜している中、捜査線上に浮上。日本語学校に通うマリア・シルバを調べていくと、犯人とみられる男とのつながりが判明し……という、ドラマの序盤から中盤にかけてのキーパーソン。

 プロデューサーの伊與田英徳さんは、後藤さんについて「今回の役は実は地味な設定ではありますが、その中で強い意志を持っているキーウーマンです。彼女の存在感が、うまく役に生かせたらいい形になるのではないかと思い、思い切ってオファーしました。実際撮影に入ってみると、マリアという役に向かっていく熱を感じています」とコメントを寄せている。

写真を見る全 2枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事