検索
ファッション誌「SPRiNG」2022年2月号の表紙
1 / 1

2022年のファッショントレンド:閉塞感から脱出! カラフルなアイテムが豊富 女性らしさアップにはスキッパーデザインやスクエアネックを 前編

Twitterでシェア

 新しい年を迎え、今年のファッショントレンドが気になる時期。会食や旅行の制限も徐々に緩和され、新しいアイテムを購入したいと考える人も多いのでは。30歳前後のファッション感度の高い女性をターゲットにしたファッション誌「SPRiNG(スプリング)」(宝島社)の丸山摩紗(まさ)編集長は「どのブランドでも洋服の楽しさをかみしめんばかりに、カラフルなアイテムが目立ちました」と話す。丸山編集長に今年の注目のアラサー、アラフォー向けファッションを聞いた。前後編で取り上げる。

 ◇キーカラーはラベンダー、イエロー、ピンク 「ワクワクするものが多いシーズンに」

 丸山編集長は「リモートワークが増えたことにより、着心地のいいものを着まわすなど買い物を抑える傾向にありました」と振り返り、「この春はリバウンド消費が増えそうな予感です」という。

 2022年春夏シーズンに向けた展示会では、コロナ禍で遠のいていた結婚式などオケージョン需要が復活するとの見込みから、お呼ばれ服が復活。丸山編集長は「シーズンテーマに『旅』を掲げるところも多く、ワクワクするものが多いシーズンになりそうです」と期待を寄せる。

 キーカラーに上がったのはラベンダー、イエロー、ピンク。「1色を差し色づかいするのではなく、2色組み合わせているブランドも多く、新鮮にうつりました。そして引き続きビビッドなグリーンも多かったです」といい、カラーの取り入れ方がトレンドのコーディネートのポイントになりそうだ。

 ◇デザインは「スキッパー」や「スクエアネック」に注目

 デザイン面では「カッティングがどこかセクシーだったり、トライするかは別としてミニスカートが台頭したり。いまのうちからダイエットしておいて損はなさそうです……!」と予想。

 今シーズンは“女性らしさ”にも注目が集まっているという。手持ちのアイテムに1枚プラスするだけで、大人の女性らしさを演出できるというのが、Vネックに襟をつけた「スキッパーデザイン」のニット。いつものスラックスやデニムと合わせるだけで、コーディネートをアップデートできるという。

 普段フェミニンな服装をする人に、新たに取り入れてほしいのは、スクエアネックで袖にボリュームのあるカットソー。丸山編集長は「日常をドラマティックに彩るキーアイテムとなるはずです」とおすすめしている。

<プロフィル>

 まるやま・まさ。女性ファッション誌、メンズ誌、ネイル誌などの編集を経験し、2014年に宝島社へ入社。女性ファッション誌「otona MUSE(オトナミューズ)」 編集部を経て、「SPRiNG」 編集部へ。2019年より、現職。

 *SPRiNG……1996年に創刊。コンセプトは「30歳になったら、ちょっといいもの。」。シンプルだけどシルエットにデザイン性があるなど「洒落(しゃれ)感」を取り入れたファッションを好み、周りから「センスがいいね」と言われるハイセンスな女子をターゲットにしている。2022年2月号(12月22日発売)の表紙は女優の本田翼さん。YouTubeチャンネルでは、タレントのYOUさんの連載「YOUのこれからこれから」のYouTube版が人気を博しているほか、ボーイズグループ「BE:FIRST」のメンバーや、ダンス&ボーカルユニット「EXILE」の弟分グループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の川村壱馬さんのインタビュー動画なども。

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る