検索
1 / 20

長澤まさみ:「愛されていることを日々、実感」 「コンフィデンスマンJP」最新作ワールドプレミア

 女優の長澤まさみさんが1月10日、東京都内で行われた、主演映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」(田中亮監督、1月14日公開)のワールドプレミアに登場した。客席の間に作られたレッドカーペットを歩き、万雷の拍手を受けてステージに上がると「たくさんの拍手をいただけてうれしいです。あと数日で公開できることもうれしいですし、この作品が愛されているんだなと日々、実感しております」とあいさつした。

 「コンフィデンスマンJP」は、信用詐欺(コンゲーム)師のダー子(長澤さん)、ボクちゃん(東出昌大さん)、リチャード(小日向文世さん)が、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る、痛快エンターテインメントコメディー。2018年にフジテレビ系で連続ドラマが放送され、スペシャルドラマ、スピンオフ作品などが放送。映画は2019年に「ロマンス編」、2020年に「プリンセス編」が公開された。

 長澤さんは最新作「英雄編」について「今回、新たに加わったメンバーとともに、『コンフィデンスマン』らしく、『コンフィデンスマン』史上最大のお魚を狙って、ダー子、ボクちゃん、リチャードが真剣勝負を繰り広げます。その3人の勇姿をぜひ映画館で目に焼き付けてほしい」とアピールした。

 今回は、街全体が世界遺産に登録されているマルタ共和国の首都ヴァレッタを舞台に、ダー子たちがコンゲームを繰り広げる。

 イベントには東出さん、小日向さん、小手伸也さん、江口洋介さん、松重豊さん、瀬戸康史さん、城田優さん、生田絵梨花さん、角野卓造さん、田中監督も登場した。

写真を見る全 20枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事