検索
TBS提供
1 / 5

横浜流星:「はじこい」ゆりゆり役でブレーク後の葛藤を告白 やんちゃな高校時代も 「A-Studio」

Twitterでシェア

 俳優の横浜流星さんが、1月14日に放送されるトークバラエティー番組「A-Studio+(エー・スタジオ プラス)」(TBS系、金曜午後11時)にゲスト出演する。横浜さんが同番組に登場するのは2回目。2019年に連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(はじこい、同局系)でピンクヘアの“ゆりゆり”こと由利匡平を演じてブレークした後の葛藤や、高校の同級生や共演者との仲良しエピソード、監督との絆など、横浜さんの素顔と俳優としての軌跡に迫る。

 スカウトをきっかけに芸能界入りし、雑誌「ニコラ」などのメンズモデルを経て、特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で俳優デビューした。ブレーク後も数々の話題作に出演。1月16日スタートの連続ドラマ「DCU」(同局系、日曜午後9時)では、阿部寛さん演じる主人公のバディーとなる、潜水特殊捜査隊員役で出演する。

 番組MCの笑福亭鶴瓶さんは、横浜さんの高校時代の同級生3人と恩師を取材し、恩師が生徒たちのさまざまな出来事を記録した“クラスノート”を入手する。そこにはやんちゃだった高校時代の横浜さんの姿が残されており、それを見た横浜さんがタジタジになる一幕もある。

 MCを務める人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ヶ谷太輔さんが、横浜さんがドラマ共演で仲良くなったという「関ジャニ∞」の丸山隆平さんを取材。番組ではほかに映画「新聞記者」「ヤクザと家族The Family」など、数々の話題作を手掛ける藤井道人監督にも取材する。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る