検索
連続ドラマ「DCU」の一場面 横浜流星さん(左)と阿部寛さん=TBS提供
1 / 11

連続ドラマ「DCU」の一場面 横浜流星さん(左)と阿部寛さん=TBS提供

冬ドラマ:阿部寛、横浜流星、中村アンが“ダイバー捜査官”に 水中の事件に挑む 日曜劇場「DCU」あすスタート

 俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「日曜劇場『DCU』」(TBS系、日曜午後9時)の放送が、1月16日スタートする。阿部さん、横浜流星さん、中村アンさんらが演じるのは“ダイバー捜査官”。海や河川で発生する事件の解決や、水際からやってくるテロなどからの防衛を目的に設立された架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」で、水難事故とそこに隠された謎に迫る。

 発足したDCUの隊長になったのは、真実を突き詰めるまで諦めない男・新名正義(阿部さん)。隊のメンバーには、過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(横浜さん)、女性初の潜水士となった成合隆子(中村さん)、海上保安庁のエリート西野斗真 (高橋光臣さん)ら。

 第1話では、大型台風の上陸により、ダム湖内の水流が変わったことで、ある人物の頭骸骨の破片が発見される。警察には手が出せない水深100メートルのダム湖の水底を新名たちが潜水捜査すると、そこには思いもよらない景色が広がっていた……という内容。

 阿部さんは「海上保安庁さんに全面協力していただいての迫力あるシーンと、ハリウッドなどで活躍されている海外のクリエーターとのコラボ。そこから生まれる映像もきっと皆さんに楽しんでいただけると思います」とコメントしている。

写真を見る全 11枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事