検索
/article/20220509dog00m100004000c.html?photo=003
3 / 11

長澤まさみ:雨の中レッドカーペット歩く「お客さんもいて温かい気持ち」

Twitterでシェア

 女優の長澤まさみさんが5月9日、東京都内で行われた特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」(樋口真嗣監督、5月13日公開)のレッドカーペットイベントに出席した。この日はあいにくの雨模様となったが、キャストは傘を差して登場。長澤さんは「久しぶりのレッドカーペットで、お客さんもいて温かい気持ちになった」と笑顔で話した。

 会場となった東京・新宿のゴジラロードには、ウルトラマンの身長と同じ60メートルのレッドカーペットが敷かれ、長澤さんのほか、斎藤工さん、西島秀俊さん、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さん、早見あかりさん、樋口監督が歩いた。レッドカーペットの両サイドには招かれたファン100人がおり、カッパを着用しながらキャストと交流した。

 長澤さんは「あと4日で公開されると思うとうれしいですし、こんな作品は見たことがないと思います。すてきな映画体験をぜひ劇場でしてほしい」といい、「(ネタバレになるため)言ってはいけないことが本当にたくさんある。見終わったとき、物語に圧倒される。まばたきしないで見てほしいですね」と呼びかけた。

 主演を務めた斎藤さんは、共演者と並んで試写を見たと明かし「みんな言葉にならなかった。本当にすごい映画を見た時は言葉にならないんですよ。言語化しないほうがいいのかな……。宣伝では言葉にして届けるべきですが、見ていただくほうがいい」と説明。「とにかく、この作品のすばらしさを言語化できない。公開を迎えてみなさんと一緒に作品が育っていく姿を見たい」と公開日が待ち遠しい様子だった。

 この日はキャストと監督が2人1組になり、“相合い傘”をしてトークを展開した。樋口監督と相合い傘をした有岡さんは「長澤さんが『トトロみたいだ』って話していました……」と告白し、会場を笑わせていた。

 映画は、庵野秀明さんが企画・脚本を担当し、樋口監督と再びタッグを組んだ作品。巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)が次々と現れ、その存在が日常となった日本が舞台。日本政府は禍威獣対策のスペシャリストを集結し、禍威獣特設対策室専従班、通称・禍特対(カトクタイ)を設立。禍威獣の危機が迫る中、大気圏外から突如銀色の巨人が現れる……というストーリー。長澤さんは主人公・神永(斎藤さん)の相棒となる分析官・浅見弘子を演じた。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事