検索
映画「シン・ウルトラマン」の初日舞台あいさつに登場した長澤まさみさん
1 / 10

映画「シン・ウルトラマン」の初日舞台あいさつに登場した長澤まさみさん

長澤まさみ:「シン・ウルトラマン」公開初日に喜び 「立ち上がれないぐらいの感動と興奮」

 女優の長澤まさみさんが5月13日、東京都内で行われた特撮ドラマ「ウルトラマン」の映画「シン・ウルトラマン」(樋口真嗣監督)の初日舞台あいさつに共演者らと登場した。長澤さんは、「今日、公開できてとてもうれしいです」と喜び、「外星人、私たち禍特対(カトクタイ)、そしてウルトラマンがどんな思いでそこにいるのかということを毎秒感じて、物語にどっぷりつかっていく作品です」と自身の考えを説明。続けて「この映画体験は映画館でしかできないものだなと感じました。見終わったあとに、立ち上がれないぐらいの感動と興奮を覚えました」と感想を明かした。

 舞台あいさつでは、主人公・神永新二を演じる斎藤工さんと、神永の相棒となる分析官・浅見弘子を演じている長澤さんが、ウルトラマンへの“変身シーン”についてトーク。斎藤さんが変身アイテムである「ベーターカプセル」が重かったといい、「その重みをしっかり感じながら変身できたんじゃないかと思います」と振り返ると、実際に手にした長澤さんも「重かったですね、本当に重かったです」と同意。続けて「ダンベルぐらい……(重かった)」と表現し、斎藤さんを「ダンベルにもよりますけどね」と笑わせていた。

 「シン・ウルトラマン」は、庵野秀明さんが企画・脚本を担当。2016年公開の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を手がけた庵野さん、樋口さんが再びタッグを組んだ。巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)が次々と現れ、その存在が日常となった日本が舞台。日本政府は禍威獣対策のスペシャリストを集結し、禍威獣特設対策室専従班、通称・禍特対(カトクタイ)を設立。禍威獣の危機が迫る中、大気圏外から突如銀色の巨人が現れる……というストーリー。

 舞台あいさつには西島秀俊さん、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さん、早見あかりさん、樋口監督も出席した。

写真を見る全 10枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事