検索
映画「流浪の月」の初日舞台あいさつに出席した内田也哉子さん
1 / 8

映画「流浪の月」の初日舞台あいさつに出席した内田也哉子さん

内田也哉子:ハイセンスな大人のブラックコーデ 個性派アクセがポイントに

 文筆家の内田也哉子さんが5月13日、東京都内で行われた、出演する映画「流浪(るろう)の月」の初日舞台あいさつに出席した。前をボタンで留めたデザインのジャンプスーツに、長いネックレスをたすき掛けしたような個性的なアクセサリー使い。足元は、つま先が割れた足袋のようなデザインのブーツを合わせた、ハイセンスな大人のブラックコーデだった。

 「流浪の月」は、2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんの同名小説(東京創元社)が原作。10歳のときに誘拐事件の被害女児とされた女性・家内更紗(広瀬すずさん)と、加害者とされた青年・佐伯文(松坂桃李さん)が秘密を抱えたまま、15年後に再会するというストーリー。

 初日舞台あいさつには、広瀬さん、松坂さん、横浜流星さん、多部未華子さん、李監督も参加した。子役の増田光桜さんもサプライズ登場し、広瀬さんと松坂さんに花束を手渡した。

写真を見る全 8枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事