検索
ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ「ベイマックス!」のビジュアル(左)と日本語吹き替え版で声優を務める菅野美穂さん(C)2022Disney
1 / 1

ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ「ベイマックス!」のビジュアル(左)と日本語吹き替え版で声優を務める菅野美穂さん(C)2022Disney

菅野美穂:「関われて幸運」 4年ぶり「ベイマックス!」声優に

 女優の菅野美穂さんが、6月29日からディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)で配信されるオリジナルドラマシリーズ「ベイマックス!」の日本版声優を務める。菅野さんは、2014年の映画「ベイマックス」とその続編のテレビシリーズで、主人公ヒロ・ハマダの叔母キャスを演じており、今回もキャスを演じる。「(東京)ディズニーランドでもアトラクションができたり、パレードに出てきたり、(ベイマックスは)ディズニーの代表的な世界の一つになっているので、関わらせていただけて幸運です」と喜びを語った。

 ベイマックスは、謎の事故で兄を失い、深い傷を負った天才少年ヒロの前に現れた、ケア・ロボット。今回は街の“お助けヒーロー”として活躍するベイマックスの新たな冒険が描かれる。

 菅野さんが同シリーズのアフレコをするのは4年ぶり。収録前に映像を見て練習ができなかったといい、「以前の収録を思い返して準備しました。ようやく役をつかめてきたかなというところでアフレコが終わってしまいました(笑い)」と振り返った。

 さらに「ベイマックスは、いつも安定したトーンで、不安な時にはその気持ちから遠ざけてくれて、寄り添ってくれる。穏やかで親しみやすいところは、変わらない良さですね」とコメント。「今回もベイマックスが、ヒロや友だちと協力して、いろいろな問題を解決します。新シリーズならではの楽しみをぜひ味わっていただけたらうれしいです!」とアピールした。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事